サイト内
ウェブ

やっぱり! Metaのコンテンツ確認システム「Xチェック」、セレブや有名インフルエンサーはほぼスルーのエコ贔屓な仕組みだった

  • 2022年12月9日
  • Gizmodo Japan

やっぱり! Metaのコンテンツ確認システム「Xチェック」、セレブや有名インフルエンサーはほぼスルーのエコ贔屓な仕組みだった
Image: Mehaniq / Shutterstock.com

ずるっこ!

今月6日、Metaの監査機関が50ページを超える報告書を提出。「Xチェック」と呼ばれる投稿内容のモデレートシステムに関するもので、有名人に対しての投稿内容のチェックはやっぱり激甘だったと結論づけられています。

VIP専用チェック、それが「Xチェック」

クロスチェック、Xチェックの存在は、昨年のウォール・ストリートジャーナル紙の報道によって明らかになったもの。Xチェックとは、簡単にいうとVIP専用のチェック方法で、セレブ、インフルエンサー、政治家、企業など一部アカウントの投稿内容がSNSポリシーに違反していないか、AIではなく人間が特別にチェックすることになっていました。

実はノーチェック状態だった

が、人の手によるチェックがAIよりも正確かどうかも怪しい上に、削除までに長い時間がかかっていたことが判明。その上、実際のところ、ほぼノーチェックの激甘状態だったこともあり、有名人が明らかにエコ贔屓されているとWSJは指摘。今回の監査によって、報道の内容がほぼ正しかったという報告となりました。これを受け、監査機関はXチェックシステムの見直しと透明化をMetaに求めています。

Facebookは、投稿内容のチェックについて、政治家の投稿にはファクトチェックをかけないというポリシーも物議をかもしています。プラットフォーム上の平等性や秩序を守るためのコンテンツチェック。それが抜け穴だらけとなれば、有識者だけではなく一般ユーザーからも批判の声が高まりそうですが…。

トランプ氏の大統領選出馬表明によって混乱するFacebookの「ファクトチェック」 でまーす!トランプ元大統領が、2024年アメリカ大統領選挙への出馬を表明しました。勝つか負けるか、これから2年で何がどうなるかはさておき、今、Facebookは頭を悩ませています。Facebookのとある規約が、トランプ氏の性質と真っ向から対立するものでして…。Facebookの「ファクトチェック」のルールトランプ氏の大統領選出馬表明をうけ、Facebook社内では第三者団体であるファクトチェッ https://www.gizmodo.jp/2022/11/facebook-fact-check-donald-trump-meta.html

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2023 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.