サイト内
ウェブ

アラスカで遭難した男性、iPhone 14の「衛星経由の緊急SOS」機能で助かる

  • 2022年12月8日
  • Gizmodo Japan

アラスカで遭難した男性、iPhone 14の「衛星経由の緊急SOS」機能で助かる
Photo: Florence Ion/米Gizmodo

使っているガジェットの機能、ぜんぶ把握してますか? ふーん、こんなのついてるんだ?程度でも、知っていると知らないのでは、生死を分ける大きな差がでることがあるかもしれません。

ある男性が遭難し、iPhone 14の最新機能で無事救出されました。

備えておいて良かった。非常事態が現実に起こってしまった

遭難したのは、アラスカ州のノールビクからコッツビューへ、スノーモービルでトレッキングしていた男性。12月1日午前2時ごろ、iPhoneの衛星経由の緊急SOSを使って救助要請。アラスカ当局は、Appleの緊急SOSセンターを連絡をとりあい無事男性を発見。大事には至りませんでした。よかった。

遭難時、コッツビュー地域には吹雪の注意報がでており、気温はマイナス1度以下。男性がiPhone 14ユーザーだったこと、衛星経由の緊急SOS機能の存在を知っていたこと、そして使い方がわかっていたからこそ助かったわけです。

Appleの衛星緊急SOSのページでは「非常事態に備えておく」という項目があり、いざという時のために練習しておく「デモを試す」機能も説明されています。(残念ながら、衛星緊急SOSは、現在アメリカ&カナダのみで利用できるサービスです)

今回のアラスカ遭難ケースはうまくいった話であって、同じAppleの緊急事態系機能でも、ジェットコースターを交通事故と判断してしまったケースもありましたけどね。

なんにせよ、備えあれば憂いなしです。冬休みにちょっと冒険すな場所へ旅行計画がある人は、手持ちのガジェットの能力を確認しておくにこしたことありません。

iPhone 14シリーズの「衛星を使ったSOS機能」を使ってみたよ 日本ではいつ始まるのかなぁ...。iPhone14と14Proに搭載された衛星経由で緊急SOS、アメリカとカナダでサービスが提供開始されました。衛星経由の緊急SOSは、電波のない場所で事故に遭ってしまった場合に衛星を通じて緊急の連絡ができるというシステムです。米ギズモードのFlorence Ion記者がテストでこのSOS機能を使ってみたレポートがこちらです。果たしてちゃんとつながるのか? SOS https://www.gizmodo.jp/2022/11/what-its-like-to-use-apples-emergency-sos-feature.html

Source: MacRumors, Alaska Department of Public Safety

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2023 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.