サイト内
ウェブ

iPhone 14/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxのバッテリーを長持ちさせる画面設定

  • 2022年9月28日
  • Gizmodo Japan

iPhone 14/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Pro Maxのバッテリーを長持ちさせる画面設定
Photo: 小暮ひさのり

2022年9月16日の記事を編集して再掲載しています。

全部OFFろう。

ってのはユーザビリティがダダ落ちなので、あまり好ましくはありません。でも、ユーザビリティを損なわない範囲で「まぁ、切っても大丈夫でしょ」的な表示機能をピックアップしておいたので、バッテリーをちょっぴり長持ちさせたい方はそちらを見直していきましょう。

なお、「iPhone 14」って言ってますけど、旧モデルたちでも利用できるので、iPhoneユーザーは見直しておくといいかも。

常時点灯モードのオフ(iPhone 14 Pro/14 Pro Max)

Image: 小暮ひさのり

・「設定」→「画面表示と明るさ」→「常にオン」をオフ

常時点灯を有効にしていると、バッテリー消費が若干増えます。せっかくの新機能ですけど、画面から時計が確認できなくていいならオフで良いと思います。

なお、これだけが最新のiPhone 14 Pro/Pro Maxでしか変更できない設定です。

画面を60Hz駆動に固定する(iPhone 14 Pro/14 Pro Max)

Image: 小暮ひさのり

・「設定」→「アクセシビリティ」→「動作」→「フレームレートを制限」をオンiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxでは、画面のリフレッシュレートが高いProMotionディスプレイを採用しています。スクロールがヌルヌルですけど、その分処理性能を必要とするので、60Hz固定にしてしまった方が節電効果が高まります。ただ、SoCであるA16 Bionicに組み込まれた「Display Engine」の性能によっては、そこまで差が出ない可能性も?

「Trune tone」「Night Shift」をオフにする(iPhone 14/iPhone 14 Pro/14 Pro Max)

Image: 小暮ひさのり

・「設定」→「画面表示と明るさ」→「True Tone」/「Night Shif」をオフ

「Trune tone」は環境光センサーで周囲の明るさに合わせてiPhone画面の色味を調整。同じく「Night Shift」はブルーライトカットの暖色系の色味に調整してくれます。

周辺光をリアルタイムに感知して画面へと反映させる機能なので、潔くオフにしておいた方が(若干ですが)節電に繋がります。

「外観モード」を「ダーク」にする(iPhone 14/iPhone 14 Pro/14 Pro Max)

・「設定」→「画面表示と明るさ」→「ダーク」

iPhone 14シリーズの有機ELディスプレイは、発光しない黒色の方が消費電力が少なくなります。そのため、画面は「ダーク」表示が推奨です。以前検証したところ、iPhone 14シリーズに限らず液晶ディスプレイのiPhoneでも節電効果がありました。

「フェイスダウンモード」を利用する(iPhone 14/iPhone 14 Pro/14 Pro Max)

Photo: 小暮ひさのり

・iPhoneは画面を下にして置く

iPhoneを置く時は画面を下にして置きましょう。これは「フェイスダウンモード」というお作法。iPhoneが「俺、画面が下むいてる!」と感知することで、画面の「自動ロック」の時間に限らず30秒ほどで画面が自動消灯されますよ(常時点灯でもオフになります)。

また、通知が届いても画面が自動で点かないので、日常的に下向きに置くクセをつければ、かなりバッテリー時間は伸びます!

Source: Apple

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2022 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.