サイト内
ウェブ

シャオミのAI内蔵スマート枕で睡眠改善できるよ

  • 2022年9月12日
  • Gizmodo Japan

Image: Gizmochina

これはアリなんじゃ?

今、スマートウォッチやフィットネストラッカーは、より健康なライフスタイルを実現する上で、欠かせないサポートを提供してくれるようになっています。ただ起きている時間のみならず、寝るときもずっと腕にはめ、睡眠の質改善につなげている人だって少なくないのでは? ただ、そうやって24時間ずっと装着し続けるのは抵抗があったり、あとお休み時間が充電の時間という使い方だと、睡眠データの安定取得は容易でなかったりするかもしれません。

乾電池で60日間駆動

ところが、このほどGizmochinaは、Xiaomi(シャオミ)が中国のXiaomi Mallにてオンライン販売をスタートした「MIJIA Smart Pillow」について報じました。なんと枕がAI内蔵になっていて、圧電センサにより、睡眠中の心拍数から寝相、呼吸、いびきの状態までを分析し、どれほど深く眠れているかをアドバイス。より快適な睡眠で、すっかり疲れを取るためのサポートを提供してくれるんだとか!

枕から落っこちてしまったら、データ解析もストップしてしまいそうですけど、バッテリーは単4乾電池4本で60日の連続使用が可能と、ほとんど充電のことは気にせず使えるのが魅力でしょう。あと価格も299元(約6,200円)と、手軽に購入して使えそうです。ほかのXiaomi製のスマート家電との連携も良さそうで、こういうスマート枕のアプローチが、実は今後の睡眠トラッカーの主流になってきたりするやもしれませんよね〜。

気候変動のせいで睡眠時間がぐんと下がっている ここ最近、夜中に目が覚めて「どうしてだろう?」と思っている人がいたら、それもしかしたら気候変動のせいかもしれないよという研究結果が発表されました。地球温暖化などの気候変動の影響で睡眠不足が起こっているということなんですが、世界中どこでも一定にではなくて、貧困国ではその影響が特に顕著なんだそう。 https://www.gizmodo.jp/2022/05/climate-change-sleep-loss.html

Source: Gizmochina

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2022 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.