サイト内
ウェブ

人気のハンモック「Haven Tent」が豪華になって再登場

  • 2022年5月7日
  • Gizmodo Japan

Image: NaFro

こちらは、ギズモード・ジャパンが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

宙に浮くテントはいかが?

姉妹サイトmadhi-yaでお得なキャンペーンを開始した「Haven Tent Safari」は、しっかりと横になれるハンモック型のテントなんです。既存モデルも人気を博していたようですが、今回はグランピングをテーマに高級感をアップした仕様で登場しました。

コンパクトに収納できる点からバイクや自転車のツーキャン、あるいは徒歩キャンパーにも良さげですので早速詳細をチェックしてみましょう!

いろいろな役割をこれ一つで

Image: NaFro

「Haven Tent Safari」は、特許取得の完全フルフラット式のハンモックテント。

ハンモックに揺られる心地よさを活かしながら、テントとして快適に過ごせるように設計されているそう。

Image: NaFro

テントにはレインフライ、蚊帳、エアマットなどの快適に過ごせるアイテムが一式セットになっており、荷物の軽減にも一役買ってくれそう。

1人での設営も余裕のためソロキャンにも良さげですよ。

Image: NaFro

本体とレインフライには高機能モデルのテントと同等の耐水圧4000mmの300Dポリエステルキャンバスが採用されていました。

屋外でも快眠のキングサイズ

Image: NaFro

ハンモックに入ると身動きがしにくく狭そうな印象もありませんか?

「Haven Tent Safari」は親子が横に並べる広さがあり、寝返りなんかも余裕だそうですよ!

Image: NaFro

ラウンジストラップを利用すればリクライニングチェアのように上体を少し起こしたリラックス姿勢もキープ可能。

心地良く揺れながらの読書なんかもしてみたいですね。

Image: NaFro

テント内部には大小6つのポケットが備わっているため、脱いだ靴や小物、バックパックも収納可能になっています。

地上設営もOK

Image: NaFro

ハンモックの設営には適切な間隔で木やポールが必要ですが、目的のキャンプ地に必ずそれがあるとは限りませんよね?

そんな場合はトレッキングポールを活用することで地上設営も可能なようです。

Image: NaFro

寝心地を左右するエアマットはスエードコーティング素材の「断熱サファリパッド」を採用。

厚みもしっかりありそうなので、これであれば地上設営でも快適な寝心地が期待できそうですよ。

空中でもフルフラットで快適なハンモックテント「Haven Tent Safari」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では販売予定価格から28%OFFの45,346円(税・送料込)からオーダー可能でした。

アウトドアも絶好のシーズンになってきたので、気になった方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

【特許取得済】安眠できる完全フルフラットハンモックの新作「ヘブンテントサファリ」

超早割28%OFF 45,346円〜

machi-yaでチェックする

Source: machi-ya, YouTube

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2022 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.