サイト内
ウェブ

NASAの技術がアウターを進化させる? 撥水&防風にも優れた「GEMINIジャケット」

  • 2021年9月18日
  • Gizmodo Japan

Image: Excel Living

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

あれ、ちょっと肌寒いかも。

少し前までは猛暑でヘトヘトになっていたのに、気がつけば秋らしい夜風を感じるようになりました。この時期は1日の寒暖差も大きくなるので、羽織物に困る時もありますよね?

今回ご紹介する「GEMINIジャケット」は宇宙服にも使用される高機能断熱材を搭載したベストと撥水性や防風性能に優れたアウターを組み合わせたマルチユースなジャケットです。

これからの時期から春先まで使えそうですので、お得なキャンペーンが終わる前に詳細をチェックしておきましょう!

暑くなったら分離

Image: Excel Living

「GEMINIジャケット」は、米国OROS社が提供する高機能アウターの新作で、男女モデルともにスポーティーなジャケットとなっています。

Image: Excel Living

特長はアウタージャケットとインナーベストを分離合体できる仕様。

Image: Excel Living

長袖アウターだと暑い季節にはベスト単体で着用し、気温が下がればアウタージャケット単体やベストと合体したスタイルという感じの3Way運用が可能になっています。

Image: Excel Living

ベストとアウタージャケットは定番のボタンによる脱着なので、手軽に組み換えができる模様。

街から本格的な雪山まで

Image: Excel Living

スポーティさはありますが、シンプルなデザインなので街で着用もOK。

Image: Excel Living

自転車通勤など軽い運動にも使いやすそうですね。

Image: Excel Living

保温性能には自信があり、スキーを楽しむような雪山にも使えるそうなので一着あれば活躍するシーンは多いのではないでしょうか。

宇宙服の技術が温かさの秘密

Image: Excel Living

半透明の素材を挟んでチョコレートがバーナーで炙られていますが、溶け出す感じがありませんよね?

これがエアロゲルと呼ばれる素材で、NASA(アメリカ航空宇宙局)がマイナス270度にもなる宇宙で活動に必要な宇宙服にも使われている素材なんですよ。

圧倒的な断熱性能で熱を伝えにくいため、こんな芸当も可能なようです。

Image: Excel Living

超高性能断熱材の生地化に成功したことで、薄くても暖かいジャケットが製造。

通気性なども確保されているようなので、マルチな性能を持った生地と言えそうですね。

Image: Excel Living

「GEMINIジャケット」では、内側ベストの前後に2mmのソーラコア生地を搭載し、外からの冷気を防ぎつつ上半身の熱をしっかりと留めてくれる設計のようです。

Image: Excel Living

カラーはメンズモデルがシンプルなブラック。レディースモデルはジッパーの水色がアクセントになったグレーとなっています。

断熱・保温に優れたジャケットとベスト一体の3wayアウター「GEMINIジャケット」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにて先行キャンペーンを実施中。

執筆時点では、一般販売予定価格から7,000円OFFの42,800円(税・送料込)からオーダー可能でした。

先行販売期間が終了する前に、下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

3way仕様で雪山から初夏の電車内まで快適にするOROSのGEMINIジャケット

超早割 42,800円〜

machi-yaでチェックする

Source: machi-ya, YouTube

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.