サイト内
ウェブ

バナナ型スケボーを前後に漕いで進むキックボード。楽しそうだけど交通公園で見たような?

  • 2021年8月24日
  • Gizmodo Japan

Image: INDIEGOGO

地面を蹴らないキックボード。

昭和の子どもたちが乗っていた「ローラースルーGOGO」みたいなキックボード「DREZINA」が、クラウドファンディングで資金を募集しています。昔のものはペダルを踏んで推進力を得ていましたが、こちらは、バナナのように反ったスケボー板を前後に揺らします。

歩くように漕ぐ4輪車

重さは8kgで、頑張って漕げば最高時速は25km/hに達します。ハンドルを折りたためば、自動車に積んだり電車で運んだりでき、ラスト1マイルの移動にも良さそう。何より自動で進むeスクーターより健康的な感じがして、罪悪感のない乗り物ですよね。

名前の由来は自転車の起源「ドライジーネ」

小さい子どもでも乗れるお手軽さ。難しいことは一切ありません。漕ぎ方は足を前後にしても良し、または直立するように揃えてもOK。これだとアキレス腱のストレッチにもなりそう。それにもし、前輪を浮かせて空転できるなら、ただ前後に漕ぐだけの足踏み運動器具として使うことも可能だったりします。

Image: INDIEGOGO

大人用と子ども用の2種類

移動とエクササイズが同時にこなせる「DREZINA」は、高さ113cmで大人でも乗れる「DREZINA MAX」と、全高98cmで3〜8歳向けの「DREZINA MINI」の2種類があり、どちらもINDIEGOGOにて超早期便が349ドル(約3万8400円)とのこと。どんな組み合わせでも2台で749ドル(約8万2400円)というプランもあるので、親子や夫婦で欲しい人などにうってつけかなと思います。昭和ド真ん中の世代にも、体力作りを兼ねてぜひ?

Source: YouTube (1, 2), INDIEGOGO, DREZINA via NEW ATLAS

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.