サイト内
ウェブ

イーロン・マスクの冗談から生まれた暗号通貨ドージコイン、SpaceXで人工衛星を飛ばすのに使われる

  • 2021年5月13日
  • Gizmodo Japan

Photo: Joe Raedle / Staff (Getty Images)

冗談から生まれたSFのような本当の話。

イーロン・マスクは5月8日のアメリカの深夜バラエティ番組に「サタデー・ナイト・ライブ」に出演、爆弾発言をぶっ放した結果ドージコインを急落させたのがつい先日なわけですが、TeslaとSpaceXのCEOが、情緒不安定な暗号通貨の価値を下げるだけの存在であるはずがありません。

CNNによると、SpaceX社は、カナダに拠点を置くジオメトリック・エナジー(Geometric Energy Corporation)社が「ドージ1」という宇宙ミッションで、約40キロの人工衛星を搭載するための代金の全額をドージコインでの支払いに応じるようです。

ジオメトリック・エナジー社のCEO、サミュエル・リード氏はCNNの取材に対して「これはジョークではない」と答えたものの、この取引がなぜ、どうやって成立したのか等については詳しい説明はありませんでした。

この「ドージ1」と呼ぶミッションは2022年初頭に離陸予定で、ジオメトリック・エナジー社の副社長であるトム・オチネロ氏によると、この取引は「地球の軌道を越えて暗号通貨の応用を実証し、惑星間商業の基礎を築く」ことを目的にしているとのこと。

オチネロ氏は声明で、「ドージコインは、まさにこの取引を通じて、従来の銀行が対応できない場合でも運用でき、速く信頼性が高く、暗号によって安全なデジタル通貨であることが証明されており、月面での商業ミッションに必要な資金を調達できるほど高度なものです。ドージコインは、スSpaceX社とジオメトリック・エナジー社の間の月面ビジネスの通貨単位として選ばれており、未来の月や火星へのミッションの先例としていきます」と述べています。

イーロン・マスクが「サタデー・ナイト・ライブ」に出演中に、暗号通貨を「ハスル(金融詐欺)」と発言してしまったことで、ドージコインが40%以上も下落し、2兆円超が飛んだ直後に今回の発表が続きました。

しかし今回のドージコインの急落は、投資家の不安を反映したというより、イーロン・マスクのバラエティ番組出演が大きく扱われたことを利用して、上がり下がりの激しいことはとうの昔からわかっている暗号通貨で、手っ取り早く金を稼ごうと考えた投資家が引き起こしたものと考えられます。

マスク氏が出演するまでの数日間、証券アプリ「Robinhood」では、ドージコインは猛烈な勢いで取引されたため、同社は日曜日の朝、ドージコインの処理問題の解決に取り組んでいるとの声明を発表するほどでした。

そもそもドージコインって何すか?と思ったあなた。ドージコインはイーロン・マスクの冗談から生まれた、柴犬がトレードマークの暗号通貨で、2013年に開発されると想像以上に買いが集中、今にいたります。

ドージコインについては詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

【暴騰アップデート】ドージコインの人気の秘密はミームにあり ワオ、なんてミーム、とてもコイン、めっちゃイーロン。みなさん、Meme(ミーム)ってご存知ですか? 意味合い的にはネチズンのあいだで流行っているお... https://www.gizmodo.jp/2021/02/doge-will-reach-the-moon.html

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.