サイト内
ウェブ

LEGO IDEASでNASAの宇宙飛行士が1万いいねを獲得。商品化は近い?

  • 2021年5月10日
  • Gizmodo Japan

Image: LEGO IDEAS

NASAの技師と宇宙飛行士たちに敬意を表して作られました。

1万人からのサポート(いいね)が貰えると製品化への道が拓けるLEGO IDEAS。ここで現在検討の段階に入ったのが、927個のブロックで作る「レゴ・アストロノート」という宇宙飛行士です。これには12箇所の関節があり、5本の指も動かせる上、宇宙遊泳するための脱着式ジェットパックがあります。

細部までこだわって再現

サイズは20.5cm×15.6cm×25cm。そしてモデルにしたのは、国際宇宙ステーション(ISS)で使われる船外活動ユニット(Extravehicular Mobility Unit:EMU)と呼ばれる宇宙服です。これに1984年の任務でブルース・マッカンドレス2世が使った、有人操縦ユニット(Manned Maneuvering Unit:MMU)と、セルフレスキュー用推進装置(Simplified Aid For EVA Rescue:SAFER)が合体します。

他にもMMUには折りたたみ式ハンドルとカメラが、そしてヘルメットの左右には照明もあり、NASAとミッションを表すロゴも貼られます。

Image: LEGO IDEAS

みんな大好きな科学技術がサポートされやすい?

LEGO IDEASでは、これまでにも1/4スケールの「Spot」や、SpaceXの「クルー・ドラゴン」宇宙カプセル、他にも「Starship」と「Super Heavy」のセット、そしてTesla(テスラ)の「Cybertruck」なんていうメカが登場してきました。

果たしてこの「レゴ・アストロノート」は、製品化されるでしょうか?

Source: LEGO IDEAS via MIKE SHOUTS

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.