サイト内
ウェブ

電動キックボードなどがメットなしで公道OKに?警察庁で検討中の規制改革に期待値UP

  • 2021年4月16日
  • Gizmodo Japan

Image: Gettyimages

速度制限つきセグウェイ、くるか!

ナンバーが取れる車種でなければ、公道では使えない電動キックボードなどの小型モビリティ。それけっきょく玩具でしょ。なーんて言われていた時代が終わるかもしれません。

警察庁の「多様な交通主体の交通ルール等の在り方に関する有識者検討会」の報告によれば、電動キックボードや電動車いす、自動配送ロボットに1/1スケールのほうのミニカーなどのモビリティをもっと活用できるようにと、新たな交通ルール・車両区分が作られる可能性がでてきました。

Image: 警察庁

車両区分は3つとなります。1つは時速6km/h程度までの歩道通行車。現在のセニアカーの基準に合わせたもので、歩行者扱いとなり路側帯のほか歩道も走ることができます。免許もナンバーもヘルメットもいりません。自動配送ロボットやホンダのUni-Cubみたいなパーソナルモビリティがこの枠に入りそう。

2つめは、時速15km/hまでの小型低速車。歩道は走れませんが、路側帯・車道・普通自転車専用通行帯・自転車道は走れます。こちらも免許もナンバーもヘルメットは不要な枠となるかも。セグウェイや電動キックボードが対象ですね。

3つめは、時速15km/h以上出せる原付枠。車道のみ通行可能かつ原付免許、ナンバー、ヘルメットが必須です。またヘッドライトやウインカー、ブレーキなどの安全装備も欠かせません。

今後の検討課題として、歩道通行車は最高速度を10km/hまでにしていいか、交通安全教育をどうするか、小型低速車のヘルメットは努力義務でよいかといったところ。ほほう。ママチャリくらいの時速15km/h制限な車種にヘルメットの装着義務を入れるかどうかで、世間の反応は大きく変わるような気がしますね。電動キックボードのシェアリングサービスも一気に活性化しそうですし。

Source: 警察庁

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.