サイト内
ウェブ

Xperia 1 III発表。スマホ最強のディスプレイだこれ

  • 2021年4月14日
  • Gizmodo Japan

Image: SONY

もてあますほどのスペック。

本日、ソニーからスマートフォン「Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー)」がグローバル向けに発表されました。もちろん日本国内でもリリース予定ですが、発売日は「2021年夏」、価格や詳細な仕様はキャリアの発表までお待ちください、という状況です。

でもまあ、すんごいスマホですよ!

このディスプレイ...強すぎる

Image: SONY

「Xperia 1 III」は、先代機種となる「Xperia 1 II」の路線をキープ。カメラ、ビジュアル、オーディオそれぞれでソニーの技術がふんだんに詰め込まれています。

中でも強いのがディスプレイ。4K解像度、リフレッシュレート120Hz、HDR対応の有機ELディスプレイです。最近のスマートフォンでは標準となりつつある高リフレッシュレート・ディスプレイ、動きがなめらかでゲームなんかで活躍するのですが、高解像度との両立は消費電力の都合で難しいものでした。

「Xperia 1 III」の4K&120Hzというスペックは、スマートフォンとして間違いなくトップ。処理能力や消費電力のハードルがあるので常時120Hzというのは難しいかもですが、本気だせばできる、という点で現時点最強のディスプレイです。

可変式レンズでさらに望遠ドン!

Image: SONY

Xperia 1シリーズといえば、ソニーの一眼レフデジカメ「α」ゆずりのデジカメ性能もウリです。「Xperia 1 III」もこのへんはもちろん踏襲していますが、新たに「可変式望遠レンズ」が搭載されました。

これは光の向きを90°曲げることでレンズの距離を伸ばし、望遠性能をアップするというしくみ。さらに一部のレンズを動かすことで、70mmと105mm、2つの望遠を切り替えることができます。

3年使ってもヘタりにくい長持ちバッテリー

Image: SONY

個人的に感心したのがバッテリー。

容量は4500mAhと十分ですが、「繰り返し充電を行っても劣化しにくい素材」をえらび、さらにバッテリーに負荷をかけない「いたわり充電」を組み合わせることで数年使ってもバッテリーの劣化をかなり抑えられるそうです。

昔は2年で買い替え、というのがスマホの買い替えサイクルとして多かったんですが、これだけのスマートフォンを2年で手放すのはもったいない...なんて人でも安心して使い続けられます。

背面ガラスはマット仕上げ。指紋が目立ちにくいです。 Photo: ギズモード・ジャパン

Photo: ギズモード・ジャパン

サイドボタンは画面右側に集約。上からボリュームボタン、指紋センサー内蔵電源ボタン、Googleアシスタントボタン、カメラ用シャッターボタン。電源/Googleボタンはスマホホルダーなどと干渉しないよう、フレームから飛び出さない設計。 Photo: ギズモード・ジャパン

カメラユニットの段差はおとなしめ。 Photo: ギズモード・ジャパン

Photo: ギズモード・ジャパン

ヘッドホンジャックあり&ノッチなし。 Photo: ギズモード・ジャパン

エッジの四角さはこれくらい。 Photo: ギズモード・ジャパン

今回発表されたカラーはフロストブラック、フロストグレー、フロストパープル。パープルは一見グレーにも見えるシックさ。 Photo: ギズモード・ジャパン

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.