サイト内
ウェブ

キャタピラで走る「ハムスター」。SF映画や漫画に出てきそう!

  • 2021年4月9日
  • Gizmodo Japan

Image: EX-ROAD

これで野山や雪道を走ったら楽しいだろうなぁ…。

ロシアの乗り物系情報サイトEX-ROADの技師Eduard Luzyanin氏が、ひとりで組み立てたという無骨な乗り物が、男心にブっ刺さる出来栄えになっています。

これは中国製のスクーター用150ccエンジンと、スノーモービルのキャタピラを履いたキメラATV(全地形対応車)。その名はロシア語で「ХОМЯК」、英語では「ハムスター」という意味なのだそうです。そう、ペットとして飼われるあのハムちゃんです。

実はコレ…曲がれないんです

サイズ感は子供用の自転車くらいの小型車両で、直進はすれども左右に曲がることができないのはご愛嬌。体重移動と地面に置いた足を軸にアクセルターンをするか、簡単にウイリーするので、車体を立てて回転させるという力技で方向転換をします。

高速走行は乗り心地が悪いらしい

スペックとしては、セルスタートで始動するため12Vのバッテリーが搭載され、ロシア製バイク「ウラル」のシートを流用。そして動力はチェーンがドライブシャフトを回し、3対のローラーで衝撃を吸収します。

燃費は1時間に1Lを消費するとのことで、10Lのガソリンタンクと、後部には予備の5Lタンクがくっついています。なお、重さは85kgで自動車の荷台に積んで遊ぶのにもってこいですね。

Image: EX-ROAD

最高時速43kmですが、まともなサスがないので推奨される速度は20kmなのだそうな。現状では保安部品はおろかナンバープレートもありませんし、市販化される様子もなさそうです。ですが以前にはロシアの極太2輪駆動バイク「TARUS」が欧米輸出開始なんて話もあったので、もしかしたらワンチャンあるかも…?

Source: YouTube (1, 2) via EX-ROAD (1, 2), Yandex Zen via MIKE SHOUTS

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.