サイト内
ウェブ

音の増幅や遮断に対応! 仕事環境のコントロールにも役立つ電子聴覚保護イヤホン

  • 2021年2月22日
  • Gizmodo Japan

Image: (有)芦澤商会

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

仕事に集中するなら、適度な雑音って必要ですよね。周囲の音をコントロールできるツールがあれば、便利だと思いませんか?

そこでご紹介したいのが、machi-yaでクラウドファンディングを実施中の電子聴覚保護イヤホン「Stealth Elite」。音を遮断したり、少しだけ取り込んだり、逆に増幅させたりetc. 耳に入る音をコントロールできるイヤホンです。

プロジェクト実施期間は残りわずか。どんな特長があり、どう活用できるのか? 早速ご紹介していきましょう。

Bluetoothストラップ付きor完全ワイヤレスで使える

米国の聴覚保護器具リーディングブランド「ProEars」が開発した電子聴覚保護イヤホン「Stealth Elite」。ケーブルを取り除いた完全ワイヤレスの状態と、Bluetooth接続が可能になるストラップありの2パターンで使用できます。音楽を聴きたいときは、ストラップ付きの状態で使用してください。

一方、ケーブルなしの状態でも、音をコントロールする「隔離モード」「認識モード」「増幅モード」の3モードを利用可能です。

静けさを求めるなら「隔離モード」

Image: (有)芦澤商会

「隔離モード」は、外から入ってくる音を遮断してくれるモード。いわゆる、ノイズキャンセリングのような機能です。外出先で仕事をしたいときや、移動中に音楽を聴きたいときなどに役立ちます。

Image: (有)芦澤商会

聴覚保護器具メーカーが開発しているだけあり、大きな騒音がする場所でも活用できます。交通量の多い道や、工場での作業中などに耳を守ってくれるでしょう。

外音を取り込む「認識モード」

Image: (有)芦澤商会

インナーイヤー型の「Stealth Elite」は、装着するだけである程度の音を遮ってくれます。でも、少しは雑音が欲しかったり、周りに注意をしたりしたいときってありますよね。そんなときは、「認識モード」が役立ちます。

Image: (有)芦澤商会

こちらは、外音を取り込み、周辺の音が聞こえるようにしてくれるモード。ランニング中や仕事中など、周囲の音が聞こえたほうがいい状況で使ってみてください。

音を増幅する「増幅モード」

Image: (有)芦澤商会

最後にご紹介するのは、その名の通り周辺の小さな音を増幅して聞こえるようにする「増幅モード」です。

医療機器(補聴器)でない点には注意が必要ですが、音を聞き取りやすくしたいと感じる人は、こちらを試してみると良いかも。また、キャンプやアウトドアなどでは、普段は聞こえないような木々のざわめきや動物の鳴き声なども聞こえるかもしれません。

「Stealth Elite」はmachi-yaでクラウドファンディングを実施中。一般販売予定価格30,800円のところ30%OFFの21,560円(消費税・送料込み)から支援が可能です。

音を増幅・遮断する機能は、なかなか珍しいと思います。この機会に支援されてみてはいかがでしょうか?

>>【聞こえる!耳を守る!】電子聴覚保護イヤホン Stealth Elite

Image: (有)芦澤商会

Source: machi-ya

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.