サイト内
ウェブ

カリフォルニア州「テスラ車づくりはエッセンシャルワークです」

  • 2020年11月27日
  • Gizmodo Japan

テスラフリーモント工場 Photo: Justin Sullivan (Getty Images)

Tesla(テスラ)車がないと生きていけないって認識でOK?

新型コロナウイルスの新規感染が1日平均1万人を超えてカリフォルニア州知事が夜間外出禁止令を出しましたが、Teslaの同州フリーモント工場は「エッセンシャルワーカー」の特別枠で夜も昼もなく稼働中みたいですよ。

州が禁じたのは10PM〜5AMの外出と夜勤、集会です。期間は12月21日まで1か月間で、対象は危険度の高い41郡(全州民の94%が居住)。レストランやバーもみな10時に帰宅できるよう30分以上前にラストオーダーをとるかたちになってます。みんな商売あがったりになるの我慢してルールを守っているのにTeslaだけエッセンシャルワーカーってどういうことなんや!という店主さんたちの叫びが聞こえてきそうな特別扱いですよね。

CNBCからの取材に対し、州公衆衛生局は「製造業はエッセンシャルな職場に区分けされています。くわしくは州のエッセンシャルワーカー業種一覧をご覧ください。基幹製造業は運輸機械設備製造などの中核セクターです」と回答しています。いちおう稼働中は衛生局の安全対策のガイダンスに従うとのこと。7月に発行されたガイダンスには工場の労務環境に関する加筆や改正はなされていないので一抹の不安を感じますが…。

ひたすらごねるイーロン・マスク

イーロン・マスクCEOは3月に一度、ステイホーム命令を無視して従業員に出社を命じ、アラメダ郡とひと悶着ありました。あのときは郡に「Tesla車製造はエッセンシャルサービスではないので、フリーモント工場も州の自宅待機命令の期間中は操業を最小限にしてください」と言われて一旦は止めたんですが、やっぱり回す!と命令を無視して稼働を再開し、ツイッター上で「自分も現場に立ち会う。逮捕するなら自分だけにしろ」と宣戦布告。

Tesla is restarting production today against Alameda County rules. I will be on the line with everyone else. If anyone is arrested, I ask that it only be me.

— Elon Musk (@elonmusk) May 11, 2020

郡を訴えて、「テキサスかネバダに本社と事業を移転してやる」と荒れ放題し、地元のフリーモント市長が慌てて「まあまあまあ」ととりなして、郡も渋々稼働再開に同意してやっと訴えは取り下げとなったのでした。今回は修羅場になるのを見越して州が最初から、触らぬ神に祟りなし…と特例にしたんでしょうね。

コロナは完治

経済を回すのは大事。ただ何千人も固まって働いて大丈夫なのかな…。こないだイーロン・マスクCEOも新型コロナみたいな症状が出て、「陰性2回、陽性2回。同じマシン、同じテスト、同じナースなのになんかおかしくないか。使ったのはBDの迅速抗原検出テスト」と大騒ぎしてましたよね。「ウイルスが根付くまで検出は不安定なものなのでそんなに大騒ぎすることじゃないよ、宇宙カレンさん(カレンはクレーマーおばさんの俗語)」と言われてましたが、その後、ハーバードの医師にツイッター上で相談して少し落ち着きを取り戻して、18日には「完治した」とツイートしていました。

年産50万台なるか

Tesla株が宇宙まで上がってイーロンは今やマーク・ザッカーバーグを抜いてビル・ゲイツと並ぶ世界第2位の富豪です。決算報告の数字がちょっとでも弱いとドーンと株価が下がるし、悪くなくても期待値高すぎて下がるという局面。

今年Teslaは年産50万台が目標で、ちょっとギリギリですが、もう生産が間に合うという前提で2か月前から北米地域の営業・配送担当を1000人も雇っていますし、それと並行してパート採用で人件費をカットする戦略も進めているとされます(パートならスマホもノートPCも買ってやらなくていいからなんだって。セコっ)。ラインを止めるわけにはいかないんでしょうね。訳者は思い切り地元なので働く人たちが余計に心配…。工場がクラスタにならないことを祈るばかりです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2021 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.