サイト内
ウェブ

アウトドア環境でも使える高級チタン製ボトル「Therma3.0」が登場

  • 2019年10月19日
  • Gizmodo Japan

Image: Machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:

秋の行楽のシーズン、自然の中に出かけたくなる季節ですね。そんなときに必須となるのはウォーターボトルです。まだお気に入りのボトルがなくて、アウトドアでも、また普段でもマイボトルとしても使える軽くて保温性の高いボトルを探している人に、世界初の純チタン製真空サーモボトル「Therma 3.0」を紹介します。

「Therma 3.0」は、前回Machi-yaのキャンペーンで爆発的人気を博し、2800万円以上の支援を集めた「Therma」(サーマ)の次期シリーズです。この「Therma 3.0」は1本15000円を超えるため、ボトル市場としてもかなり高級な部類に入ります。「ボトル界の最高峰」とも言えるこのボトル、いったいどんな魅力があるのでしょうか?

医療グレードの高純度チタンを使用

Image: Machi-ya

「Therma 3.0」は、医療現場で使用されるグレードの高純度チタンを使っており、軽くて持ち運びに便利なうえに、強度が強く腐食しにくいので破損や錆びの心配はほとんどありません。

また、チタン由来の抗菌力でバクテリアの繁殖を徹底的に抑えるため飲み物が傷まず、長時間安全に保存できます。

さらに、独自の真空技術を駆使した二層構造により、高い保温力を維持しています。

細菌の繁殖を防ぎ飲み物を長時間安全に保存できる

チタンは空気に触れると、TiO 2(二酸化チタン)のナノコーティングを生成します。このチタニア(TiO 2)には、細菌の繁殖を防ぐ強力な抗菌効果があります。

そのため、ステンレス、アルミニウム、プラスチックのボトルに入れた場合と比べて、チタン製のボトルにミルクコーヒーを入れると、なんと3倍も長持ちします。

以下は、ペトリ皿に一般的なステンレス鋼標本2種類(AとB)とチタニア(TiO2)をコーティングしたステンレス鋼標本を置いて24時間経過した時点での黄色ブドウ球菌コロニーの繁殖状態を示しています。

Image: Machi-ya

その差は歴然です。

抗菌効果に優れたチタンにより、飲み物を長時間安全に保存することができるのです。

独自の真空技術を駆使した真空二層構造

Image: Machi-ya

独自の真空テクノロジーにより、保温力・保冷力は、市場に出回っているステンレス製のサーモボトルに引けをとらない性能を有しています。

時間が経っても、温かいものは温かいままで、冷たいものは冷たいままで味わうことができるのは嬉しいですよね。「Therma 3.0」 に入れた飲み物は、95℃のお湯の場合、6時間後で59℃前後、4℃の冷水の場合、6時間後でも8℃以下の温度維持が可能です。

Image: Machi-ya

唇の火傷を防ぐ人間工学に基づいたデザイン

Image: Machi-ya

保温力が高いということは、熱いものが熱いまま保存されるということです。保温力が高すぎるせいで、唇を火傷してしまっては困ります。

「Therma 3.0」は、数え切れないほどのユーザーテストを行い、実用的な人間工学の原則に基づきデザインされています。

滑らかなエッジボトルが開口部から少し高い位置にあるようにデザインされているので、熱い飲み物を飲むときも唇を火傷することがありません。

シンプルで高級感のあるデザイン

Image: Machi-ya

シンプルで高級感のあるデザインは生活のあらゆる場面にさりげなくフィットします。街へオフィスへ、毎日持ち歩くマイボトルとしても活躍します。

アウトドア環境でも使える高機能性

Image: Machi-ya

チタン製で丈夫で軽量、抗菌効果もある「Therma 3.0」は、まさに死角なしの最高級ボトル。日常的にボトルを持ち歩く人や、アウトドア環境に持っていける高機能ボトルがほしいという人には、とても魅力的なボトルなのではないでしょうか?

「Therma 3.0」は、クラウドファンディングサイト「Machi-ya(マチヤ)」にて、 28%オフの15490円(税込・送料込)からオーダー可能となっています。 また、純チタン製スポーツボトル「Via 800」 も 28%オフの9350円(税込・送料込)で購入可能ですよ。

商品の詳細は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「Therma 3.0」のオーダーはこちらから

Source: Machi-ya

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2019 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.