サイト内
ウェブ

コスパ派、部屋干し派のためのドラム式。アイリスオーヤマのドラム式はお湯と銀イオンで洗う

  • 2019年10月14日
  • Gizmodo Japan

Image: アイリスオーヤマ

こういった路線もアリっちゃ〜アリだね!

部屋干しってどうしても匂いが気になりますよね。袖を通したときに酸っぱい匂いがした時の絶望感たるや…。

とはいえ、そもそも外に干せなかったりと、室内干しせざるをえない環境もありますし。

こうした、室内干しの悩みに特化したのが、アイリスオーヤマから発表されたドラム式洗濯機「HD81AR-W」です。

Image: アイリスオーヤマ

洗剤投入口に銀イオンカートリッジを備え、銀イオンカートリッジに水道水を通過させることで銀イオンの成分が溶け出します。この「Ag+除菌システム」によって匂いの元になる雑菌の繁殖を抑制し、部屋干しや生乾きでの嫌な匂いも抑えられるとしています。

ちなみに、カートリッジの交換時期は約2年。けっこうながもち!

Image: アイリスオーヤマ

さらに本体にヒーターが内蔵されていて、「温水コース」では温水で洗うことで洗浄力UPと、雑菌の抑制も可能。

加えて「部屋干しコース」では最後のすすぎを温水で行なうことで、生地をほぐして乾燥時間を通常の約2/3に短縮し、乾燥時の仕上がり感も向上するとのこと。

Image: アイリスオーヤマ

標準洗濯容量は8L。部屋干し前提なら活躍してくれそうじゃない? ただし1点注意があって、このドラム式には乾燥機能がありません。

つまり、部屋干しに特化することで、乾燥機能を省き、価格も抑える。といったなかなか思い切ったアプローチ。おかげで「HD81AR-W」の参考価格は12万8000円。と、ドラム式の中ではエントリー価格帯に収まっています。

個人的には、洗濯物を突っ込んで乾燥まで仕上げてくれるのが、ドラム式を選ぶ最大の利点だと思っているんだけど、本体が大きくなったり、電気代がかかるのも事実です。

エコでいくなら、こうした乾燥機能を省いたモデルってのも…アリ?

Source: アイリスオーヤマ

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2019 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.