サイト内
ウェブ

この世で最も古い病気ってなに?

  • 2019年5月12日
  • Gizmodo Japan

Illustration: Angelica Alzona (Gizmodo)

古代の病気か、あるいは現代でも珍しくない病か...。

素朴な質問を専門家に投げかけてみる「Giz Asks」シリーズ。今回のテーマは、この世でもっとも古い病気は何か。人類学の専門家に話を聞いてみると、そもそも「病気」といっても腫瘍、感染症、内分泌疾患...と、さまざまあるとしたうえで、エビデンスとしてDNAのほか骨から病気の"痕跡"がわかるのだといいます。

人類の祖先に限らず、恐竜の時代までさかのぼると、意外なことに現代でも厄介な病気の名前がいくつか挙がりました。

Michelle D. Hamiltonさんの答え

テキサス州立大学 人類学 准教授

私の専門分野は骨格残骸であるため、骨に痕跡がみられたもっとも古い病気に着目したいと思います。

ただ、その前に注意したい点がいくつかあります。古代の骨格残骸から病気を診断するのは簡単ではありません。たとえば、骨の壊死が感染によるものか、あるいは腫瘍によるものか、似通った特徴から区別しづらいケースもあります。また、1)人間の病気の大多数がそもそも骨格系に影響を与えない(ペスト、インフルエンザ、天然痘、コレラなど)、2)骨を変性させる病気が死因であったとしても、変性が起きる前に亡くなることがあります。死因であるにも関わらず、その痕跡が現れる前に本人が亡くなることもあるのです。こうしたバラドックスは、専門家のあいだでもよく知られています。

さて、これらを前提として踏まえたうえで、パンゲアがまだ大陸であった約2億5000万年前までさかのぼってみましょう。もっとも古い病気であることを裏付ける直接的な証拠として、恐竜の骨格から肋骨に結核のような感染症の跡や腫瘍が確認されています。

人類やその祖先はどうかというと、恐竜に影響を及ぼしたものと同じで、かつ現代にも続くような病気を含むものが初期の骨からも発見されています。もっとも初期のエビデンスとして、約200万年前のヒト科アウストラロピテクス属の祖先や150万年前のホモ・エレクトスから癌のような骨の腫瘍が発見されています。

また、50万年前のホモエレクトスの化石から結核のような感染症の病巣が確認されています。結核は今日も世界中で活発で感染性が高く、既知の治療法には反応しない薬物耐性が懸念されている病気です。

遠い昔の人類に影響を与えたのと同じ病原体の多くは、現代にも残っています。それと同時に、新たな病気も頻繁に確認されています。HIV / AIDS、ハンタウイルス、SARS、鳥インフルエンザ、MERSコロナウイルス、エボラをはじめ、死者が出て初めて気づく病気の存在もあるのが恐ろしいところでもあります。

Sharon DeWitteさんの答え

サウスカロライナ大学 人類学 准教授。骨格残骸から人類の健康や疾病の研究に従事

どう「病気」を定義するか、 疾患のリスクがあるどの生物に焦点を当てるかよって答えは変わると思います。

私は人類学者なので人類に焦点を当てることにします。人に害を及ぼし恒常性を乱すものとして病気を捉えると、腫瘍(癌を含む細胞の異常増大)、感染症、内分泌疾患(1型糖尿病など)心血管疾患、神経変性といった非常に多様な状態を含みます。

私の研究では、中世のペストに着目しています。感染症はプリオン、ウイルス、バクテリア、真菌、原虫、蠕虫などの病原体や寄生虫によって引き起こされます。人間の活動や人口パターン(人口規模や密度など)、さらに私たちがどの感染因子と接触するかといった要素にも影響します。

長らく狩猟採集を行なう小さな集落を拠点としていた人類は、野生動物からの人獣共通感染症や、ホストなしに長く生き残れる病原体、寄生虫から引き起こされる感染症の影響を受けていました。

農業や動物の家畜化、人口および人口密度の大幅な増加が起きる前の時代では、比較的多くの人々が感染し続けているウイルス性疾患(はしかや天然痘など)の影響を受けました。

では、どの病気がもっとも長く人間に影響を及ぼしてきたでしょうか。ある種の寄生虫や原虫、細菌性の感染が疑われます。しかし、明確にどれかは特定できません。現存する病原体のDNAや古代の遺骨などから抽出されたDNAを使った分析は多数行なわれているので、近い将来により具体的な答えが出るかもしれません。

Douglas K. Charlesさんの答え

ウェズリアン大学 人類学・考古学 教授

端的な答えは「まだ誰にも分からない」です。

病気という言葉をゆるい意味で捉えるとします。古くの病気はその当時存在していた何かしらの原因があるはずなので、考古学、古生物学、古代DNA(aDNA)による古病理学のアプローチが役立つことでしょう。

古くからの病気を示すエビデンスは、骨に残る跡か病原体からのDNAとなります。骨やDNAは化石記録にうまく保存されておらず、回収されたサンプルもそのごくわずかな部分にすぎません。また、多くの病気は骨格に影響を与えないため、痕跡を確認することすら難しいといえます。

イスラエルの地中海に埋もれていた9000年前の人間の骨格には、結核DNAの可能性のあるものが確認されています。骨格病変は診断が困難ですが、おそらくは50万年前のトルコのホモエレクトスの結核感染だと考えられています。 DNA研究によるとハンセン病は少なくとも10万年、おそらくそれよりずっと長いあからだ人間に影響を及してきたとされています。また科学者らによって、160〜180万年前のヒト科化石の足の骨から悪性腫瘍、そして近くの場所で200万年前のヒト科の良性腫瘍が確認されています。

もちろん、病気は人類以外にもみられます。 Roy L. Moodie著「The Antiquity of Disease」(1923年)の前編では、恐竜の背骨からの骨血管腫を示し、古生代からの罹患植物について記録しています。細胞にエネルギーを供給するミトコンドリアは、ロッキーマウンテン斑点熱を引き起こす病原体に関連する細菌の子孫であるという考え方が広く指示されています。言い換えれば、ある細胞型が他の細胞型に感染することは、真核生物細胞、すなわち動植物が存在する前に動植物を構成する細胞の発達にとって極めて重要だったことがわかります。

癌との戦いの歴史は長いJoel Irishさんの答え

人類学・考古学 学科指導者 リヴァプール・ジョン・ムーア大学

最も古い病気は、癌ではないかと考えています。 2016年の研究によると、南アフリカで約170万年前の日付の骨に足の骨に癌があるという証拠が見つかりました。それは、私たちの直接の祖先であるホモエレクトス、あるいはその頃絶滅したパラントロプスロバストゥスのどちらかだと考えられています 。

パラントロプスはその頃に絶滅しているはずなので、私はホモエレクトスのものだと考えています。

南アメリカでは9000万年前のチタノサウルス(大きなブロントサウルスのよう)から骨癌(良性型)が発見されています。骨癌はほかの恐竜でも確認されていて、なかには悪性が含まれている可能性もあります。たとえば白亜紀(約149〜6,600万年前の時代)の恐竜や、もっとも古い証拠では北アメリカの魚などから確認されています。

バクテリア最強説もScott S. Leggeさんの答え

マカレスター大学 人類学 准教授・主任

もっとも古い病気はおそらく細菌感染症です。最初の真核生物の進化とともに、それを利用しようとしている原核生物があったと考えられます。これはおそらく最初での進化論的競争で、現在も続く戦いだといえるでしょう。細菌は、ほぼ初期の頃からこの惑星を支配してきた存在で、すべての主要な適応放散は細菌とともにあったともいえます。

カンブリア爆発によって、新種のバクテリアも登場しました。 さらに現代、人間は実際に抗生物質を使って細菌の進化に貢献しています。またしても、細菌が地球を支配することになるでしょう。

Kristina Killgrove

ノースカロライナ大学チャペルヒル校 人類学 助教

恐竜の変形性関節症や歯の感染症の発見を示す古生物学者もいます。どちらも人類や人類の祖先にみられる病気です。 また初期の病気には、癌があります。人々がより狭い地域に住み、世界のあらゆるところへ広がりはじめたとき、病気もついて回りました。

人類のハンセン病は少なくとも10万年前までさかのぼり、結核はおそらく7万年前、そして胃潰瘍を引き起こすヘリコバクター・ピロリは、おそらく約6万年前に始まったと考えられています。

しかし、研究に使える人骨はごくわずかで、そのうちの限られた一部からでしか病気の証拠を確認できない状況です。このことを踏まえると、病気を引き起こす生物の進化の研究によって、もっとも古い病気に関する理解は深まるはずです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2019 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.