サイト内
ウェブ

鉢植えの意思を補助するサイボーグ植木鉢に、人類の終焉を見た

  • 2018年12月6日
  • Gizmodo Japan

Image: Harpreet Sareen/YouTube

ステージを動き回るロボット・プラントです。

最近はパルクールをこなす人型ロボットや、4脚でヒップホップを踊る犬型ロボットなどの開発が進んでいますが……あれらは全身機械の塊。生身のものが一切ない完全なロボットです。

しかしMIT Media Labが作った植木鉢「Elowan(イロワン)」は、植物が発する電気信号に応じて準自律移動をする、いわば鉢植えをサイボーグ化するハイブリッドなロボットなのです。

開発者はハープリート・サリーンさんと、パティー・メイズさん。このシステムは真のサイバネティック生物で、我々には馴染みがないものです。そしてあたかも人間が使う筋電義手のように、植物自身が生成した内部電気信号を利用し、二輪ロボット・プラットフォームの動作を制御しているのです。

植物は不活性に見えるかもしれませんが、驚くほどの電気的性質があります。

実験では電灯をともした方へ、植物がササっと移動する様子が確認されました。人間の身近な友人である植物は、組織と器官の間に生化学的電気信号を伝達することができる、生物学的回路が実装されているからこそ、こんな芸当が可能になったのでした。

植物が信号を出す状況とは

信号が生じるのは、特殊な状況下に限ります。たとえば光が当たったとき、傾けられて重力方向が変化したとき、そして人が触ったり何か力が加わったとき、それに温度変化や傷/破損が生じたときなどです。よく「植物には感情がある」といわれるのは、コレのことなんですね。

確かに植物は移動性ではありませんが、繁栄と生存に役立つさまざまなトリックで武装しています。生体電気信号の内部伝達が細胞内の細胞および組織を刺激することで、組織再生(成長)や光に届くよう葉を成長させる、または脅威に対する防御反応を起こすことができるよう進化してきました。

「Elowan」のメカニズム

ということで、この新たな「サイボーグ植物学」実験にて、植物の可能性を拡張することができるようになりました。

このコンセプト実証デモでは、茎と葉と根に銀の電極を挿し込んでいるとのこと。発信された微弱な信号をデバイスが増幅し、ロボット部(つまりモーター)に転送するようになっています。

その結果、電灯が点くとすぐさま植物が信号を発し、光源に向かって右に左にと移動したのでした。

進化の補助が目的

この実験は科学的かつ、芸術的だったりします。サリーンさんは、デザインで超有名なパーソンズ美術大学の助教授にして、ヴィジュアル・アーティストという顔を持つ人物なのです。

実験の目的は、植物の自然能力を活用することでそれを強化・拡張させることでした。彼は、もしこのサイバネティック植物が進化したら、自ら独創的に成長し、自己防衛もするようになるかも? と想像しているそうです。

こうした共生システムはこれから、将来の電機システムをより有機的にブーストさせ、自己強化や自己修復、それに自己成長が可能なデバイスへと発達していくかもしれません。これで我々はやっと、植物を軸にした技術的特異性の舞台に立てるようになりました。

いつか野菜や果物を頭脳としたサイボーグ・ロボが生まれ、農具を片手に環境を破壊する人間たちに逆襲するようになるでしょうね。中枢を担うのは、スカイネットならぬ“スイカネット”となることでしょう。

Source: YouTube via MIT Media Lab

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2018 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.