サイト内
ウェブ

外敵から身を守れ! 体に埋め込まれたチップでドアを開けられることを学習したワラビー

  • 2018年9月13日
  • Gizmodo Japan

Image: Gizmodo US

がんばれワラビー、できるぞワラビー。

ドアの鍵がインプットされてるマイクロチップを埋め込まれたペットがちゃんと自分で「ピッ」とタッチしてドアを開けて帰って来る ...なんか安っぽいSF映画っぽく聞こえますよね。

でも本当にやっちゃったのがオーストラリアの研究者たち。ワラビーが外敵に殺されないように安全なケージの中で食事をするために、ワラビーの身体にマイクロチップを埋め込み、ドアを開けるトレーニングをさせました。62日間に及んだ実験は、テクノロジーが人工飼育で育った動物を野生に帰す時に役立つことを証明するために行なわれたようです。

絶滅危惧種のタヅナツメオワラビー

タヅナツメオワラビーはカンンガルー科の動物、ワラビーの中でも一番小さい種類です。大きいタヅナツメオワラビーでも中型犬くらいで、尻尾の先にはなぜか爪のようなものがついています。その爪なんでついているのかはまだわからないそうです。

国際自然保護連合は野生の犬や猫に狙われ殺されることが多いタヅナツメオワラビーを絶滅の危険性が高い動物としてリストに挙げています。ワラビーはオーストラリア固有種ですが、彼らを襲う野生の犬・猫はワラビーが接したことのない外来種なので、ワラビーは脅威の概念が少しもないのです。国際自然保護連合は現在残っている野生のタヅナツメオワラビーは250匹弱だとしています。

マイクロチップが絶滅危惧種を守る

「今、なんとかしないとタヅナツメオワラビーは絶滅してしまいます」と話しているのはクイーンズランド大学野生動物センターのJulia Hoyさん。Hoyさんは、あまり賢い動物とは言えないワラビーがトレーニング次第では鍵のかかるケージの中に入って外敵から狙われることなく食事をすることができるのではないかと考え、人工保育されていたタヅナツメオワラビーの「フラッド(Flood)」をトレーニングしてみることに。

「フラッドにトレーニングができたら、他のワラビーにもできるって思ったんです」とHoyさん。フラッドはオーストラリア・ブリスベンで大洪水が起こった2011年に飼育下でうまれました(フラッドは英語で洪水の意味)。オーストラリアの野生動物センターでは、野生のワラビーやオーストラリア固有の種が絶滅に近づいた時用に飼育されている動物たちがにいるのですが、フラッドもそこで飼育されています。

センターの研究者たちは、人工飼育された動物が野生に帰る際にサバイブできるような技術開発もしています。そこでチームはフラッドの身体にケージのドアの鍵となるマイクロチップを埋め込み、フラッドのみが入れるケージ内で安全に餌を食べられるようにしました。ドアはマイクロチップが近づくと開くようになっていますが、フラッドはなかなかその仕組みを理解してくれなかったそうです。

テクノロジーが野生への帰化を後押しする

まずフラッドに「ドアを押して開ける」という行動を身につけてもらわなくてはいけません。チームはゆっくり、そして注意深く、少しずつのステップで進めていき、フラッドは時間をかけてケージの入り方を学びました。フラッドのトレーニングについてはZoo Biologyというジャーナルに報告が載っていて、フラッドのように他のワラビーもこのようにトレーニングできれば、野生に戻しても生き延びられる可能性が高いと書かれています。こういったテクノロジーを使い、ソフトリリースという半分だけ野生に帰す形にしておけば、ワラビー自身が野生の犬たちの食事にならずに済み、自分を守るすべを身につけてくれます。

今までは、なんの対策もせずに絶滅が危惧されているワラビーを野生に帰すとすぐに外敵に食べられてしまうという結果になってしまったため、こういった準備は必要不可欠。Hoyさんのチームは他の動物たちも現在トレーニング中なんだとか。

これまでも動物にドアを開けさせて餌を食べてもらうという実験はされていて、ネバダ大学のVladimir Pravosudov生物学教授はこれからの野生動物の研究や管理にはこういうテクノロジーを使うことが一般化してくるでしょうと話しています。しかし同時に野生動物の生活・行動に人間の干渉を見せないように監視していく技術が必要だとも語っています。

人間の勝手で連れてきた外来種が固有種を殺してしまい生態系が変わってしまうというのは悲しいことです。人間が手助けできることはできるだけするべきですね。

Source: Zoo Biology

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2018 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.