サイト内
ウェブ

イーロン・マスクの採掘会社、数カ月以内にトンネル・インフラの試乗会を行なうつもり

  • 2018年5月16日
  • Gizmodo Japan

Image: Kathy Hutchins/Shutterstock.com

いざトンネル移動!

ロサンゼルスの地下でトンネルを掘ることに忙しかった、イーロン・マスクのThe Boring Company(ザ・ボーリング・カンパニー)。そのトンネルがほぼ完成し、人を乗せる準備が整いつつあると報道されています。

マスクは先週木曜、Instagram(インスタグラム)の投稿で、同社が「数カ月以内に無料の試乗会を行なう」と発表。ただし、政府の許可を得られれば…なんだそうですが。

First Boring Company tunnel under LA almost done! Pending final regulatory approvals, we will be offering free rides to the public in a few months. Super huge thanks to everyone that helped with this project. Strong support from public, elected officials & regulators is critical to success. As mentioned in prior posts, once fully operational (demo system rides will be free), the system will always give priority to pods for pedestrians & cyclists for less than the cost of a bus ticket.

Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿 - 2018年 5月月10日午後6時49分PDT

この投稿で彼はさらに、地下の交通システムが完成したら「バス料金以下の費用で徒歩&自転車用のポッドを常に優先させる」ともコメント。ロサンゼルスのトンネルはプロセスの証明のために作られ、たった約4.35km(2.7マイル)の長さですが、地下に広がる交通手段の未来については壮大な構想があります。

The Boring Companyのサイトでは「うんざりするような交通量の問題を解決するため」に ロサンゼルスの地下にトンネル網を築きたいとマスクはコメントしています。崇高な使命…。クルマが地上で電力駆動のソリのようなデバイスに乗ると、それが地下に下りていき、トンネルを時速120kmで進んでいくという構想を描いています。

発表された無料の試乗は、この夢物語のスケールを小さくしたものとして考えてもいいでしょう。この構想、規制に関する障壁が山積みで恐ろしく複雑であることや、何をしているのか「まったくわからない」という去年のマスクの発言からくる懸念もありますが、試乗できるとなれば好奇心が勝る人も多いでしょうね。


Image: Kathy Hutchins/Shutterstock.com
Source: the Verge, Instagram, The Boring Company, Instagram

Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US[原文]
(たもり)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2018 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.