サイト内
ウェブ

ちゅうごくは でんきパンダを くりだした!

  • 2017年7月17日
  • Gizmodo Japan

Image: 招商新能源集団


中国に巨大な電気パンダが生まれます。ポケモンのパチモンじゃないですよ?

中国のエネルギー会社である招商新能源集団(China Marchants New Energy)と熊猫緑色能源集団有限公司(Panda Green Energy Group Limited)は、山西省大同市に248エーカー(約1平方キロメートル)のパンダ型太陽光パネルを建設する、Panda Power Plant projectを発表しました!

パンダ型の太陽光パネルにするために、この計画では2種類の太陽光パネルが用いられています。パンダの白に当たる部分は薄い太陽電池を、黒に当たる部分には単結晶シリコン型の太陽電池を使うことで、白黒つけました。最新の太陽電池を使えばもっとパンダが量産できるかもしれませんね。完成した暁には25年間で32億kWhもの電気を生み出すという怪物パンダくん。ピカチュウも流石に戦闘不能です。そのエネルギーは約100万トンの石炭に匹敵するのだとか。「キミにきめた!」って感じですね。


Image: 国連開発計画


Panda Power Plant projectは2016年5月に始まり、9月1日に国連開発計画との協力に合意、同年11月20日には公式発表がありました。今年5月14日に北京で行われた「一帯一路国際会議」では、この計画が中国が形成を目指す経済圏構想「一帯一路」に組み込まれることが中国政府と国連によって認められました。もう勢いのすごいノリノリパンダですね!


Image: 国連開発計画国連開発計画と熊猫緑色能源集団有限公司は中国の若者向けにサマーキャンプを実施するほどの蜜月っぷり


パリ協定を不公平なものとし、「China, China!」と中国を名指しで批判しながら離脱を発表したトランプ氏。そんなアメリカを尻目にEUと連携しパリ協定を進め、100を超える国との支持・協定を得ている巨大経済圏「一帯一路」構想を主導する中国。国内でも環境対策に関する法整備を進める中国にとって、この愛くるしいパンダは追い風となることでしょう。「こうかは ばつぐんだ!」


Image: 招商新能源集団, 国連開発計画
Source: 招商新能源集団, 熊猫緑色能源集団有限公司, 国連開発計画

(瀧川丈太朗)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
copyright 2017 (C) mediagene, Inc. All Rights Reserved.