サイト内
ウェブ

懐かしのPalmアプリ、数百本がインターネット・アーカイブで楽しめる!

  • 2022年11月28日
  • GetNavi web

iPhoneが発売されてから15年が経ちましたが、それ以前にも最も普及していたPDA(携帯情報端末)はPalm社が販売していたPalmでしょう。その基礎となる「Palm OS」は他社にもライセンス供与され、IBMやソニーからも互換機が発売されていました。

↑Palm

 

そんな懐かしのPalmアプリ数百本が、インターネット・アーカイブにてエミュレーター込みで公開され、スマートフォン上で実用ソフトやゲームが手軽に楽しめるようになっています。

 

コンピューター関連の資料を保存する(「アーキビスト」と呼ばれる)ジェイソン・スコット氏は、約560本ものPalm OSアプリをインターネット・アーカイブ上で公開しました。まだ準備中にすぎないため「誰にも言わないで、OK?」といいつつ、Twitterで大っぴらに告知しています。

 

このデータベースはPalmが登場した1996年から、2011年に親会社のヒューレット・パッカードがPalm関連部門(正確にはPalm OS後継のWebOS事業)を閉鎖するまでのアプリが幅広く網羅。かつてPalmユーザーだった人は懐かしく、そうでない人もPalmの歴史のあらましをざっと確認することができます。

 

これらPalmアプリは、Webブラウザー上のエミュレーター「CloudpilotEmu」上で動作します。「一時的にスマホ上のメモリーに読み込み、アプリ終了すればそれっきり」という仕様で、途中セーブやロードもなし。そのため、麻薬売人ロールプレイの「DopeWars」や宇宙貿易シミュレーション「SpaceTrader」など長時間が溶けるゲームはあまりお勧めしません。

 

The Vergeのインタビューでスコット氏は、CloudpilotEmu をインターネット・アーカイブで動作させるのに半年ほどかかったと述べています。Palmの手書き認識システムGraffitiも完全にサポートされており、調整に時間がかかったのも納得のできばえです。

 

ただ、まだやるべきことは残っています。より無名なアプリの中には、説明やメタデータが欠けているものもあり、それを補ってやる必要があります。またスコット氏は、各アプリのマニュアルを書きたいと考えているそうです。プロジェクトを支援したいと思う人は、TwitterかDiscordで連絡してくれと呼びかけられています。

 

日本でもソニーがPalm OSを搭載した「CLIE」を開発・製造・販売していたこともあり、なじみ深い人も少なくないはず。「長時間プレイは保存できない」と頭の片隅に置きつつ、思い出に浸ってもよさそうです。

Source:Software Library: Palm and Palmpilot
via:Engadget

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)ONE PUBLISHING