サイト内
ウェブ

ガチレジャーをしない人にも良い、Apple Watch Ultraの4つの魅力

  • 2022年9月30日
  • GetNavi web

アップルのスマートウォッチにタフネスモデルの「Apple Watch Ultra」が誕生しました。49mmチタニウムケースを採用する、Apple Watch史上最大サイズの存在感を放つ“Ultraの魅力”に迫ります。

 

魅力その1 手首に優しくフィットする、心地よい装着感

アップルが2022年秋に発売したApple WatchはこのUltraと、初代モデルから進化を続ける「Apple Watch Series 8」、そして廉価モデルの「第2世代のApple Watch SE」です。

↑「これまでで最も屈強で有能なApple Watch」とうたうApple Watch Ultra。49mmの大きなケースを採用しています。通信方式はGPS+セルラーモデルの1種類。価格は12万4800円(税込)からと、Apple Watch Hermèsに続く高級機です

 

ケースの素材は軽くて強度が高く、マリンスポーツでも使うことを想定して耐腐食性に優れる航空宇宙グレードのチタニウムを採用しています。

 

49mmのケースは45mmアルミニウムケースのApple Watch Series 8と並べて大きく見えます。ただ、手首に装着すると意外と軽いことに驚きます。さらに、ケースはエッジを持たない柔らかなラウンド形状なので、手首に優しくフィット。筆者は眠りながら睡眠計測をするため、一晩中Ultraを着けていたのですが、寝ても苦になりませんでした。

 

サイズだけを見て敬遠してしまうのはもったいないので、一度装着してみて感触を確かめるといいでしょう。

↑背面にはエッジを抑えた、柔らかな曲面仕上げを採用。心地よい装着感を実現しています

 

魅力その2 新発売のバンドとこれまでのバンドに対応、いろんなコーデを楽しめる

Apple Watch Ultraの発売に合わせて3種類の新しいバンドも発売されています。ポリエステル素材のアルパインループとナイロン素材のトレイルループ、高性能エラストマー製のオーシャンバンドです。今回筆者はアルパインループとオーシャンバンドを試しました。

↑Apple Watchに装着している方がオーシャンバンド。左のオレンジ色のバンドがアルパインループ

 

オーシャンバンドはレクリエーションダイビングのようなウォータースポーツを楽しむ際に備えて、チタニウムのバックルによるアジャスタブルループを使って手首にしっかりと固定します。慣れるまで着脱に少し手間がかかることと、バンド自体に少し厚みがあるので手首が少しふくよかに見えるところは好みが分かれそうです。

 

一方で、アルパインループは着脱がしやすく、スマートな印象に見えるため、ふだん使いに向いていると思います。

 

Apple Watch Ultraのケースサイズは49mmですが、バンドは45mm/44mmのApple Watchと互換性があります。これまでに登場したソロループやNikeスポーツバンドなどにも交換できるので、いろんな着こなしを楽しむのもよいでしょう。

↑Nikeスポーツバンドを装着。カジュアルなスポーツウェアとのコーディネートも楽しめそうです

 

魅力その3 操作性が向上。新設のアクションボタンは生活でも役立つ

Apple Watch Ultraは従来のApple Watchからデザインが大きく変わりました。Retinaディスプレイを保護する前面ガラスは形状をフラットにした、高強度のサファイアクリスタルを採用。ガラスに傷が付かないよう、ケースのエッジをわずかに高くしています。

 

また、アウトドア時などに装着するグローブ(手袋)を着けたままでも操作がしやすいよう、Digital Crownやサイドボタンはサイズを大型化。ケースの右側面に配置しました。ボタンの周りをケースと一体成形のフレームが囲んでガードしています。

↑チタニウムケースがDigital Crownとサイドボタンを保護します

 

さらに、左側には「アクションボタン」というユーザーインターフェイスを新設しています。クリックすると、例えばユーザーが設定した任意のワークアウトを、3カウントダウンを飛ばしてすぐに起動できます。

↑新設されたオレンジ色のアクションボタン

 

↑アクションボタンの操作には7種類の機能のうち1件を割り当てることができます

 

ボタンをクリックしたときのアクションはワークアウトを含む全7種類から選べます。少々特殊なところだと「ショートカット」で、Apple Watch UltraとペアリングしたiPhoneで作成したショートカットを1件、ボタン押し操作に割り当てられます。

 

筆者は自宅の空気清浄機を、アクションボタンのクリックによりオフにするショートカットを設定。このように、生活のなかで便利に使うことも可能です。

 

魅力その4 日本語キーボードが便利。セルラー通信機能を活用したい

画面が広くフラットなApple Watch Ultraのディスプレイ。Apple Watch Series 8に比べて画面の最大輝度も2倍明るく、晴れた日の屋外でも視認性の高いところが特徴です。

↑最大2000nitsの明るさを実現したApple Watch Ultraの画面は、屋外でも高い視認性を発揮します

 

この視認性の高さと画面の広さは、テキストメッセージのやり取りにおいても魅力を感じられます。セルラー通信を利用すれば、iPhoneの近くから少し離れている間にメッセージやメールが届いても、ウォッチだけで少し込み入った内容のメッセージが返せます。

 

最新のwatchOS 9から、Apple Watchでもメールやメッセージのテキストがソフトウェアの「日本語キーボード」を使って入力できるようになったのもうれしいポイント。Apple Watch Ultraのほか、Apple Watch Series 8とSeries 7が日本語キーボードに対応します。

↑Apple Watch Ultraの広い画面が日本語キーボードによるタイピング入力に最適です

 

日本語キーボードが使えるアプリはwatchOS純正のメッセージとメールのほか、LINEも対応していました。Facebookのメッセンジャーでは使えません。SlackはそもそもwatchOSに非対応。

 

日本語キーボードへのアプリの対応状況にはバラツキがありますが、Apple Watchによるメッセージのやりとりが断然便利になるので、各デベロッパの対応にもぜひ期待したいところです。

 

どこでも活躍してくれる幅の広さが魅力

Apple Watch Ultraは水深100メートルの耐水性能、IP6X等級の防塵性能と米軍MIL規格STD 810Hに準拠する強靱さを併せ持っています。ふだんはダイバーズウォッチのようなタフネス仕様の腕時計を愛用するファンも、Apple Watch Ultraの強靱さには確かな信頼を寄せられるでしょう。

 

レクリエーションダイビングを心地よく安全に楽しむための機能も搭載。ウォッチを装着して水中に入ると自動で「水深」アプリが立ち上がり「防水ロック」を有効にします。

↑プリインストールされている「水深」アプリ。ロックがかかっている間は画面のタッチ操作が無効になり、水中での誤入力が防げます。ダイバーはディスプレイに表示される正確な情報を見ることに集中できるというわけです

 

こうしたタフネスさや機能から、過酷な環境や本格的なレジャーで使う人のためのモデルと思いそうですが、そんなことはなく、これまで見てきた魅力はふだん使いでも十分に実力を発揮してくれます。

 

ほかにも、精度の高いGPSを使って、ユーザーが歩いた経路を「コンパス」アプリからバックトレースできる機能も便利です。例えば旅行先でちょっと森林浴にと自然の中に入って道に迷ってしまうというような、ありそうな機会で活躍してくれるでしょう。

↑watchOS 9の新しくなったコンパスアプリが使いやすいところもUltraの魅力です

 

Apple Watch Ultraは従来のApple Watchのスマートなデザイン、操作性を受け継ぎながらもタフネスに仕上がったウォッチです。それでいて、レザーやメタル系のバンドを装着すれば、男性のビジネスジャケットに合わせたり、女性のシックな装いのアクセントにしたりと、コーディネートが楽しめます。

 

また、これまで見てきた以外にも、散歩にジョギング、子どもたちと公園で遊ぶ、ガーデニングをするなど、気楽に過ごすアウトドアレジャーの時間でも、Apple Watch Ultraの魅力は発揮されると思います。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)ONE PUBLISHING