サイト内
ウェブ

フレッシュなルックスのリーボック「クラシック レザー レガシー AZ」がイイ感じ

  • 2022年3月15日
  • GetNavi web

2020年にリーボックが誇る2つの名ランニングシューズの特徴をミックスしたフュージョンモデル「クラシック レザー レガシー」が登場してヒットを記録しました。今回は、その次世代モデル「クラシック レザー レガシー AZ」を紹介します。

 

今作のベースとなっているのは、1983年にリリースされたランニングシューズ「アズテック2」と、1983年に登場して以来、40年近くも愛され続けるロングセラー「クラシックレザー」です。アズテック2は、1978年にアメリカのランニング誌「ランナーズワールド」で最高の五つ星を獲得した名作「アズテック」の継続モデル。一方のクラシックレザーは、アッパーにガーメントレザー(高級天然皮革)を使用したローテクスニーカーです。

 

【リーボック「クラシック レザー レガシー AZ」の写真を先見せ(画像をタップすると拡大表示されます)】

 

ネイビー×ホワイトのクールなカラーリングも効いてます!

リーボックのレトロランニングモデルのスマートなシルエットをベースに、現代のトレンドに合わせてアレンジしたクラシックレザー レガシー AZ。クラシックレザー レガシーと同様に、アッパーの一部に30%以上リサイクル素材を使用して環境にもしっかりと配慮しながら、スタイリッシュなルックスをブラッシュアップしています。サスティナビリティの取り組みを継承しながら、ヒールに樹脂製のスタビライザーを設けて安定性を向上。さらにアウトソールの形状もアレンジして、軽量性としなやかさを強化しています。

クラシックな質感のナイロンと毛足の長いスエードのオーバーレイを重ねて、ヴィンテージ感が溢れています

 

ベクターロゴをモチーフにしたアズテック2のデザインを採用しながら、クラシック レザーと同様の位置にブランドロゴのが配されています

 

ヒールのデザインはアズテック2に寄せて、ソールの若干めくれ上げられています

 

↑アウトソールには透かしを設けて軽量化が図られています。クラシック レザー レガシーとの違いを明らかに感じられる部分です

 

 

リーボックのアーカイブをベースにモダンなデザインを巧みに取り入れ、まさに過去と未来を繋ぐ一足といえます。今回セレクトした、「クラシックレザー」を象徴するネイビー×ホワイトというシンプルでシックなカラーリングもポイントです。ワンマイル系からスポーツミックスまで幅広くフィットしてくれますね!

リーボック
クラシック レザー レガシー AZ
1万439円(税込)

 

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)ONE PUBLISHING