サイト内
ウェブ

ベーシックなデザインと色使いながら、フィールドでも活躍する高機能を備えたトレッキングシューズ4選!

  • 2021年9月17日
  • GetNavi web

スニーカーとトレッキングシューズでは、「ソールの剛性」「足首のサポート力」に大きな違いがあり、山を歩いたときの疲れ方にも差があります。本稿では、カジュアルな装いにも合うスニーカーライクな一足から本格的な登山に挑めるハイスペックモデルまで。安定感のある足元でトレッキングを存分に楽しめるモデルを紹介します。

※こちらは「GetNavi」 2021年9月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

【その1】シリーズ史上最高スペックを誇る第8世代「カメレオン」誕生

メレル

カメレオン 8 ストーム ゴアテックス(R)

1万8480円(税込)

(問)丸紅フットウェア

幅広いアウトドアシーンで人気を博すカメレオン・シリーズの第8世代モデル。靴のねじれを抑制し安定性を向上させるなど、シリーズ史上最上級のパフォーマンス性を実現した。ローカットモデルなので、街履きにも使いやすい。

 

↑アウトソールに「ヴィブラム エックスエス トレック エボ」を新採用し、ラグを5mm深に改良。グリップ力を強化した

 

【その2】ノーベル賞受賞の強固素材を採用した英国生まれの本格派

イノヴェイト

ROCLITE PRO G400 GTX

2万6400円(税込)

(問)デサントジャパンお客様相談室

イノヴェイトによる新開発の本格的トレッキングブーツ。ノーベル物理学賞を受賞した強靭かつ軽量な「グラフェン」素材が使われたアウトソールをはじめ、過酷な山行に求められる機能性を、洗練されたデザインにフル装備した。

 

↑アッパーにシューラー社製のセラミックコーティング素材を使用。従来モデルと比べて、軽量性と強度が向上している

 

【その3】ランニングシューズのようなクッション性を備えた登山靴

コロンビア

エスケープ サミットアウトドライ

1万7600円(税込)

(問)コロンビアスポーツウェアジャパン

コロンビア独自のミッドソール技術「テックライトプラス」が、優れたエナジーリターンと耐久性を兼備。トレッキングシューズとしてアウトドア環境下での安全性を高める機能と、ランニングシューズのような軽快さを融合した一足だ。

 

↑アウトソールは計算されたラグ配置の「アダプトトラックス」。ウェットとドライのどちらでも地面を確実に捉える

 

【その4】タフさと軽快さを併せ持つ革新的トレッキングブーツ

マムート

Ducan Mid GTX(R) Men

2万8600円(税込)

(問)マムート スポーツグループジャパン

マムートが誇る先進のテクノロジーを集結した次世代型トレッキングブーツ。険しい山岳地でも使えるハイレベルな堅牢性と歩行の安定感を備えながら、驚くほどの軽さと疲れにくさを実現した。アシンメトリーなデザインが目を引く。

 

↑ミッドソールにスプリング型の波状プレートを内蔵。足のねじれを防ぐと同時に、着地時の足裏への衝撃を分散する

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大表示されます)】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)ONE PUBLISHING