サイト内
ウェブ

親子丼がチーズタッカルビ風に変身!? なか卯の「甘辛チーズの親子丼」

  • 2021年9月2日
  • GetNavi web

なか卯の定番メニューであり、多くのファンを持つ親子丼。今回はチーズ好きにはたまらない「甘辛チーズの親子丼」(590円/税込)をチョイスし、テイクアウトで購入しました。たっぷりのチーズと甘辛い特製タレがトッピングされた“チーズタッカルビ風”の一品です。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
爽やか系揚げ物弁当!? ファミマの「おろしタツタ弁当(すだちぽん酢)」

 

●「甘辛チーズの親子丼」(なか卯)

そもそもチーズタッカルビとは、肉や野菜をコチュジャンなどで味つけしてチーズを加えた韓国料理。ご飯が進むこってり濃い味が特徴で、あっさりした和風の親子丼とはかなりイメージが違いますよね。チーズがトッピングされた親子丼は想像に難くないですが、韓国料理風にアレンジされた組み合わせは未知数の味わい。一体どのようなハーモニーを奏でるのかチェックしていきましょう。

 

つゆや具材をご飯の上に盛りつけてから一口食べてみたところ、濃厚なチーズの旨味が口の中で爆発。まろやかなコクと塩味が口いっぱいに広がりました。チーズは種類によって酸味が強かったりクリーミーだったりと味わいが様々。同商品ではゴーダ・レッドチェダー・モッツァレラの3種類が使われ、3つの異なる風味が合わさることで味に奥深さが生まれています。トロっと溶けたチーズがダシの効いたつゆやたまごと混ざりあい、濃厚でありながらしつこくない後味に仕上がっていました。

 

真っ赤なタレはコチュジャンをベースに作られており、チーズや肉の旨味を引き立ててくれます。パっと見かなり辛そうですが実際はしっかり甘みがあって、ほどよいピリ辛さがGOOD。子どもから大人まで楽しめるのはもちろん、辛いのが苦手な人でも食べやすい味わいです。

 

実際に購入した人からは「濃厚なチーズと甘辛いタレが絶妙にマッチしててクセになる!」「チーズとコチュジャンがこんなに親子丼と相性良いなんて驚き…」「チーズタッカルビほどこってりしてなくて、手軽に食べられるのが嬉しいよね」といった反響が続出。普通の親子丼では物足りないという時には、親子丼とチーズタッカルビが最高のコンビネーションを見せる「甘辛チーズの親子丼」をチョイスしてみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
サーモンとアボカドのユッケ風! すき家の「アボカドユッケサーモン丼」

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)ONE PUBLISHING