サイト内
ウェブ

BMWのコンパクトモデルである2シリーズのニューカマー・グラン クーペ。その実力はいかに?

  • 2021年5月4日
  • GetNavi web

ベテラン自動車ライターの永福ランプとフリーエディターの安ドが、深いような浅いようなクルマ談義をするクルマ連載。今回は、BMWのコンパクトモデルである2シリーズのニューカマー、グラン クーペを紹介する。その実力はいかに?

※こちらは「GetNavi」 2021年6月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

 

PROFILE

永福ランプ(清水草一)

日本中の貧乏フェラーリオーナーから絶大な人気を誇る大乗フェラーリ教の開祖。様々な自動車専門誌や一般誌、ウェブなどで、クルマを一刀両断しまくっている。2018年以降、ペンネームを「MJブロンディ」から「永福ランプ」へ変更している。

安ド

元ゲットナビ編集部員で、現在ではフリーエディター。永福ランプを慕い「殿」と呼んでいる。

 

【今月のGODカーは】
BMW
2Series GRAN COUPE
BMW/2シリーズ グラン クーペ

SPEC【218iグラン クーペ Mスポーツ】●全長×全幅×全高:4540×1800×1430㎜●車両重量:1420㎏●パワーユニット:1.5ℓ直列3気筒+ターボ●最高出力:140PS(103kW)/4600rpm●最大トルク:22.4㎏-m(220Nm)/1480〜4200rpm●WLTCモード燃費:13.8㎞/ℓ369万円〜673万円

 

「カッコ良すぎると人間、疲れてしまう。多少スキがあったほうが良い」(永福)

安ド「殿! 今回は殿の希望で、BMWの2シリーズ グラン クーペを取り上げました!」

永福「うむ。私はなぜかこのクルマに惹かれるのだ」

安ド「どこに惹かれるんですか」

永福「まず、小さめのセダンというところだ。いまや全世界的にセダンが不振。なかでも小型セダンは大不振で、モデルの消滅が相次いでいる」

安ド「そう言えば国産車でも、ホンダのグレイスや、トヨタのプレミオ/アリオン等、みんななくなってしまいましたね」

永福「そんななか、この2シリーズ グラン クーペは、新たに生まれた実に希少な小型セダンである」

安ド「でも名前はグラン“クーペ”なんですね」

永福「ただの小型セダンでは売れないから、スポーティなフォルムにした。その結果だろう」

安ド「フロントだけ見るとボリューム感があってカッコ良いし、リアだけ見るとクーペっぽくてカッコ良いんですけど、全体で見るとなんだか不恰好に見えるんですがが……」

永福「そこがまた良い」

安ド「そこが良いんですか!」

永福「スポーティなクーペ的フォルムなのに、全体でみるとなぜかイモ虫っぽい。そのダサカッコ良さが心に響く」

安ド「深いですね……」

永福「カッコ良すぎると人間、疲れてしまう。多少スキがあったほうが良いのだ。特にBMWのようなハイブランドは」

安ド「ますます深いですね……」

永福「私はいま先代BMW 320dを足にしているから、余計にこのダサカッコ良い2シリーズグラン クーペに惹かれる」

安ド「今回乗った218iは、エンジンが1・5ℓ3気筒のガソリンですね」

永福「うむ。実に軽くて小さなエンジンだ」

安ド「何も知らずに乗ったんですが、後から排気量を知って驚きました。スムーズだし、パワーもあるし、十分ですよね」

永福「たしかにな。しかし燃費が物足りない。リッター10㎞くらいしか走らなかった。やはりBMWはディーゼルに限る」

安ド「殿の先代320dは、燃費、どれくらいなんですか?」

永福「平均でリッター17㎞だ」

安ド「スゴいですね!」

永福「2シリーズ グラン クーペにも2・0ℓのディーゼルモデルがある。それなら文句ない」

安ド「じゃ、買い替えますか?」

永福「いや、買い替えないだろう」

安ド「ガクッ! それはナゼ?」

永福「せっかく買い替えるのなら、渋滞時ハンズオフ機能のついた現行320dが欲しいからだ。2シリーズ グラン クーペには残念ながらそれが付かない」

安ド「そういうところでクルマを選ぶんですか!」

永福「BMWはどれも走りは良い。自然、そういうところで選ぶことになるのだ!」

 

【GOD PARTS 1】
サッシュレスドア
サイドのデザインがスッキリまとまる

4ドアクーペが欧州プレミアムブランドで流行ったことで再注目されているのが、この2シリーズ グラン クーペも採用する、窓枠のない「サッシュレスドア」です。サイドのデザインがスッキリまとまるというメリットがあります。

 

【GOD PARTS 2】
エンジン
2種類のガソリンターボにディーゼルもプラス

エンジンラインナップは、この1.5ℓ直列3気筒ターボ(218i)のほか、2.0ℓ直列4気筒ターボに4WDを組み合わせた(M235i xDrive)、さらに2.0ℓ直列4気筒ターボディーゼル(218d)が追加されました。

 

【GOD PARTS 3】
フロントグリル

ファンにも受け入れられるBMWらしいデザイン

BMWといえば、2つのグリルを横に並べた「キドニーグリル」が有名です。4シリーズ クーペでは、これが縦長に巨大化されて議論を呼んでおりますが、2シリーズ グラン クーペでは横長。ファンにも受け入れられるデザインです。

 

【GOD PARTS 4】
ルーフライン

見た目も乗り味もスポーティなテイスト

8シリーズにもラインナップされるBMWの「4ドアクーペ」は、ベースが4ドアセダンなため実用性が高く、ルーフラインはクーペのようになだらかで美しいので、人気を博しています。乗り味も若干スポーティな味付けです。

 

【GOD PARTS 5】
トランクスペース
クーペと比較して+40ℓと容量をしっかり確保

430ℓの容量を誇るトランクは、(名称はクーペですが)4ドアセダンならではの装備で、2シリーズ クーペと比較して40ℓも増量されています。もちろん後席は前方に倒すことができて、それによりスペースを拡大させることも可能です。

 

 

【GOD PARTS 6】
インテリジェント パーソナルアシスト

言葉を理解する能力を向上させたAI機能

近年流行りの、声だけでカーナビやエアコンなどを操作できるAI機能は、もちろんBMWでも採用されています。「オーケー、BMW!」と呼べば反応してくれて、2シリーズ グラン クーペの最新バージョンでは、多少曖昧な発音でも理解してくれます。

 

【GOD PARTS 7】
リアコンビネーションランプ

独特な薄型形状になって“らしい”雰囲気に

天地方向に薄く、横に長いリアコンビランプは、2シリーズや2シリーズクーペにはなかったデザインテイスト。よく見ると両端が上がった「L」のような形状になっていて、どことなくBMWの「ワルっぽい」味付けやスポーティな雰囲気がさりげなく表現されています。

 

【GOD PARTS 8】
リバースアシスト

バックするのに操作はアクセルとブレーキだけ

「35㎞/h以下」「直近50m」という条件はありますが、それまで走ってきたルートを記録して、アクセルとブレーキ操作だけで(ハンドルは自動操作)バックできます。狭い道を戻らなければいけないときや、バック操作に不安があるときなどに便利ですね。

 

【GOD PARTS 9】
フロントシート
見た目だけでなく使い心地もスポーティ

ヘッドレスト一体型でデザインされたフロントシートは、形状からして「クーペ」っぽいイメージを放っています。また雰囲気だけでなく、サイドサポートも張り出しているので、多少スポーティな走りで攻めてもしっかり身体を保持してくれます。

 

これぞ、感動の細部だ!

GOD PARTS 神】
後席スペース
ボディはコンパクトだが足下の空間は十分広い

BMWのなかでは最もコンパクトなサイズの4ドアクーペながら、しっかりとした後席が設置されています。2シリーズで唯一FR駆動を採用する2シリーズ クーペと比較して、足下のスペースはそれなりに確保されています。ただし、デザイン上仕方がないのかもしれませんが、ドアの開口部は狭くなっているため、長身の人だと乗り降りに少々苦労するかもしれません。

 

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)ONE PUBLISHING