サイト内
ウェブ

仕事部屋がなくても大丈夫!パワフルルーターで在宅ワークがはかどる!

  • 2021年5月4日
  • GetNavi web

新たな仕事様式が定着し、テレワークを継続する企業が増えている。「一時的に」とリビングで仕事をしていた人も多いだろうが、その作業環境を見直すべきタイミングが来た。そこで今回は、「ネットが頻繁にブツブツ途切れて仕事にならない」と悩んでいる方にオススメしたいルーターをご紹介!

※こちらは「GetNavi」 2021年5月号に掲載された記事を再編集したものです

 

★お悩み解決人

テクニカルライター

湯浅顕人さん

AV機器とPCを中心に、デジタル全般に精通するテックライター。自宅仕事歴も長い。

【お悩み】ネットが頻繁にブツブツ途切れて仕事にならない

家族が同時にネットを利用するような状況で、接続が途切れるといったトラブルは在宅ワークでありがちです。ルーターの再起動で解決するとしてもストレスが溜まります。これは多くの場合、最新のパワフルなルーターへ交換すれば解決します。

 

《解消!その1》ルーターをWi-Fi 6対応に買い替えよう

Wi-Fi 6の恩恵は高速化だけではない

最新規格である「Wi-Fi 6」を、ただ通信速度が高速になるだけと思ってないだろうか。Wi-Fi 6は、複数台の端末に対して1通信で同時に電波を飛ばすOFDMAという技術を採用している。1通信を1台ずつ行っていた前世代と違い、混線が起こらず通信断絶が起こりにくくなるのだ。まだWi-Fi 6に対応した端末が限られてはいるものの、今後を考えれば買い替えは必須といえる。

 

【No.1】4本のアンテナで安定した高速通信が可能なエントリー機

【Wi-Fiルーター】

TP-Link

Archer AX10

7550円

膨大な量のデータ転送も対処可能な1.5GHzトリプルコアCPUを採用するエントリーWi-Fi 6ルーター。4本のハイゲインアンテナとビームフォーミングで、Wi-Fiの電波を遠くまで安定して届ける。

SPEC ●通信速度:1201Mbps(5GHz/802.11ax)、300Mbps(2.4GHz/802.11n)●有線LAN端子:WAN×1、LAN×4 ●サイズ/質量:W260.2×H38.6×D135mm/約360g

 

↑初期設定はスマホアプリからも可能。指示どおりに進めるだけで済むので、初心者も安心して導入できる

 

↑それぞれが独立した4本のアンテナを搭載。傾きを調節することで、目的とする部屋へ電波を送ることもできる

 

■Wi-Fi 6とは?

IEEE802.11axとも呼ばれる最新規格。従来のWi-Fiと比べて「高速」「混雑に強い」「省エネ」という3つの特徴がある。また従来のWi-Fi規格への下位互換にも対応する。

 

・通信速度は1.4倍

Wi-Fi 6の最大通信速度は、Wi-Fi 5の約1.4倍。また5GHz帯と2.4GHz帯に両対応し、状況に応じてつなぎ変えも可能だ。

・混線しにくい

「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術を採用。多くの機器と順番待ちなく同時に接続し、通信できる。

 

★注意:対応機種が少ない

Wi-Fi 6対応の端末はまだ少ないため、恩恵を受けられる場面は限られている。iPhoneは、11以降がWi-Fi 6対応だ。

 

 

《解消!その2》メッシュWi-Fiを導入する

メッシュWi-Fiとは、親機のルーターから複数の中継機へと電波を飛ばし、電波網を構築する技術。通信経路が増えることで、離れた場所でも速度低下を防げる。

 

【Wi-Fiルーター】

バッファロー

WTR-M2133HS/E2S

実売価格4万2380円

親機と専用中継機2台でメッシュWi-Fiを構築できるセット。3階建ての建物でも常時安定した高速通信が行える。各種IPv6サービスにも対応。

SPEC(親機)●通信速度:866Mbps(5GHz/802.11ac)、400Mbps(2.4GHz/802.11n)●有線LAN端子:WAN×1,LAN×3 ●サイズ/質量:W231×H231×D70mm/約970g

 

↑専用中継機は親機よりもかなり小さい。アンテナがなく、部屋に置いていても気になりにくいシンプルデザインだ

 

【こんな解決策も!】

1.格安モバイルルーターを使う

家のWi-Fiがどうしても安定しないなら、サブ回線にモバイルルーターを契約しておくのもアリ。家族がいても気兼ねなくWi-Fiを使える。

 

楽天モバイル

Rakuten WiFi Pocket

9980円

最大約10時間の連続通信が可能なモバイルルーター。本体のQRコードをスマホやPCに読み込むだけで、簡単かつスムーズに10台まで接続ができる。

SPEC ●連続待受時間:約300時間 ●連続通信時間:約10時間 ●最大接続台数:10台 ●サイズ/質量:W94.5×H61.2×D17.1mm/約100g

 

2.テザリングを活用する

スマホの料金プラン次第では、新しくモバイルルーターを契約せずともテザリング機能を活用する手も。大容量プランなら仕事用の通信程度はまかなえる。

 

・Androidの場合(左)

設定内の「その他ワイヤレス接続」>「Wi-Fiテザリング」をONにする。

・iOSの場合(右)

設定内の「インターネット共有」>「ほかの人の接続を許可」をONに。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)ONE PUBLISHING