サイト内
ウェブ

綺麗な花を咲かせるラベンダーについてご紹介

  • 2016年10月24日
  • ガーデニング・ラバーズ

ラベンダーはアロマなどにも使われることが多く、良い香りのする花です。ラベンダーと言ってもいろんな種類があり、種類によって育て方も異なります。そんなラベンダーについて紹介していきます。

ラベンダーとは?

ラベンダーは日本人であればほどんどの人が知っているのではないでしょうか?

ラベンダーのエッセンシャルオイルは香水アロマなどの香りに使われています。

ラベンダーの香りはリラックス効果があるため、寝室でこの香りを嗅ぎながら睡眠に入ると快適な睡眠を得ることができると言われています。

ラベンダーはヨーロッパの地中海沿岸、インドにかけて20種類以上の品種があります。

ラベンダーの主な種類

ラベンダーの種類は主に4種類あります。

デンタータ系

一つ目はデンタータ系で葉の形が歯のようにギザギザしています。

プテロストエカス系

次はプテロストエカス系です。ファーンラベンダーレースラベンダーとも呼ばれ人気のある品種です。

ストエカス系

3つ目はストエカス系で、ラベンダーの品種の中でも生長が早いです。

ラバンドゥラ系

最後はラバンドゥラ系です。この種類は観賞やエッセンシャルオイルの採取に使われるラベンダーの代表的な種類です。

ラベンダーの花言葉

ラベンダーの花言葉には、「purity」、「silence」、「devotion」、「caution」の4つがあります。

ラベンダーの香りに基づいた言葉で、cautionはその香りの強さから、silenceは香りによる安静効果から来ています。

まとめ

北海道の富良野などでも有名なラベンダーについて紹介しました。ラベンダーの香りはリラックス効果があり、見た目も良いのでガーデニングを始める方にはおすすめです。

 

 

※トップ画像はPhoto by whiteさん@GreenSnap

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。