サイト内
ウェブ

[ペンタス]夏から秋の金平糖詰め合わせ|アカネ科クササンタンカ属

  • 2021年9月21日
  • エバーグリーン

今年は秋の気配が驚くほど早くやってきましたね。渋谷の植物園でもまだまだ夏真っ盛りの花壇の予定だったのに、蔓性植物や多肉植物たちの勢いが失速してちょっと面食らっています。年々、猛暑や冷夏、ゲリラ豪雨など季節を読みづらい天候になってきました。まだまだ暑い日が来そうなのに花壇の花たちは枯れ枯れのしおしお。この状態を放置しておきたくはない……。そんなときにオススメの、植え替えに向く植物を紹介します。

明るい花色が場を華やかにします

明るい花色が場を華やかにします

 

ペンタスは別名クササンタンカ。熱帯東アフリカからイエメンにかけてが原産地のアカネ科の植物です。白・赤・ピンク・ムラサキと花色のバリエーションが豊かで、小さい星型の花がまとまってつく様子が愛らしく、暑さに大変強い日本の夏にもってこいの植物です。しかも5月下旬に植え付けてから10月中旬まで開花するから凄い。さらに、今の時期に残念な状態になった植物を抜いてそこに穴埋めとして植えてもしっかり根付いてたくさん開花するのですから、もー、この子は! なんて偉いんでしょう。優秀でお母さんはうれしい!

星型の花が可愛い

星型の花が可愛い

 

ペンタスを長く楽しむためのコツは、

  1. 蒸れないように風通しよく管理することと
  2. リン酸分の多い肥料を与えること。

暑さに強い植物ですが、心配し過ぎて水を与え過ぎると蒸れて調子を崩します。水はけのよい用土に植えてください。また、長期間開花し続けるので栄養不足にならないように月に2回ほどのタイミングで花を咲かせるのに効く成分(リン酸の多く入った肥料)を与えてください。

日本では寒さに弱いので屋外での冬越しはできませんが、寒さが来る前に鉢に移植して屋内に移動させれば来年も同じ株を楽しむことができます。コンパクトに仕立てなおしたければ挿し木も容易につくので苗を作るのもよいでしょう。

秋の気配が漂いますが、まだまだ冬から春にかけての植物を植えるには早すぎます。そんなときは金平糖がぎゅっと集まったような花・ペンタスをどうぞ。

 

渋谷区ふれあい植物センター 宮内元子


明るい花色が場を華やかにします

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 Evergreen Inc. All Rights Reserved