サイト内
ウェブ

[ハンショウヅル]風に揺れる花で気付きます|キンポウゲ科センニンソウ属

  • 2021年6月21日
  • エバーグリーン

馴染の薄い「ハンショウヅル」を紹介します。漢字で「半鐘蔓」と書きます。キンポウゲ科センニンソウ属のつる性低木で本州から九州に分布し、山野の林縁などに生えます。

西沢渓谷トロッコ道の西日の当たる斜面で咲き始めたハンショウヅル(5月下旬)

西沢渓谷トロッコ道の西日の当たる斜面で咲き始めたハンショウヅル(5月下旬)

西沢渓谷トロッコ道の西日の当たる斜面で咲き始めたハンショウヅル(5月下旬)

 

西沢渓谷のハンショウヅルは、写真のように薄い紫色の花です。6月になると紫色が若干濃くなる感じはしますが、低地などのハンショウヅルとは別の花に思えます。西沢渓谷は標高が高く湿度も高いので、色が薄くなるのでしょうか?(定かではありません)

ハンショウヅルは長い蔓が垂れ下がり、そこに花や葉っぱが付くので少しの風でもユラユラするため、花が地味なわりにはすぐに気付かせてくれます。『こっちを見て!』と主張しているように思えてなりません。その揺らぎが気持ちをほぐしてくれます。

 

手の届く眼前に花や葉っぱが垂れ下がっているものもありますので、微かな花の香りや葉っぱ、茎、花柄、葉柄の手触りも楽しめますよ!

 

山梨市森林セラピー推進協議会 森林セラピスト / 四十物治夫(あいものはるお))

西沢渓谷トロッコ道の西日の当たる斜面で咲き始めたハンショウヅル(5月下旬)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 Evergreen Inc. All Rights Reserved