サイト内
ウェブ

お前も外来生物かーい! 外来生物を知る展示

  • 2020年7月5日
  • イベニア

6月9日(火)〜8月30日(日)まで、大阪市立自然史博物館で特別展「知るからはじめる外来生物」が開催されている。

ザリガニ、ダンゴムシ、タンポポ、ドジョウなどは、元々日本にいる生き物と思われがちだが、実はこれらは外来生物。そんな意外な外来生物や、大阪府を中心に外来生物の分布調査などを発表。

また生きている外来生物についても、淡水魚や水草など可能な範囲で展示されている。

逆に日本から運ばれたワカメやメジロなどが海外では外来種生物になっている問題など、生物の保全という立場から、どう対応し、付き合っていくのかじっくり考えさせられる特別展だ。

<開催日時>
令和2年6月9日(火)〜8月30日(日) 9:30〜17:00(入館は16:30まで)
月曜日休館(ただし8月10日は開館)

<会場>
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール
(長居公園 花と緑と自然の情報センター2F)

<料金>
大人 500円 / 高校生・大学生300円

※本館(常設展)とのセット券は、大人700円、高校生・大学生400円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。
※30人以上の団体割引あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要です(セット券を除く)。
※お手持ちの割引引換券、招待券は、券面表示の会期に関わらず本特別展でご使用頂けます。

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
© Copyright 2011 evenear all right reserved.