サイト内
ウェブ

京都で水木しげる展。未公開を含め約300点を展示

  • 2018年9月6日
  • イベニア

「水木しげる 魂の漫画展」が龍谷大学の仏教総合博物館「龍谷ミュージアム」で開催される。

漫画家・水木しげるの画業に焦点をあてて、生涯を通して描いた「ゲゲゲの鬼太郎」に代表される妖怪漫画、短編や戦記物の直筆原画、少年期に描いた貴重なスケッチといった未公開作品を含む約300点を観ることができる。

会期中は、京極夏彦氏(小説家)や宮崎哲弥氏(評論家)らの記念講演会を予定。さらに学芸員による「スペシャルトーク」や「ワークショップ」、鳥取県観光PRイベント「鬼太郎との握手・撮影会」などを開催。

京都会場のみ、仏教世界にまつわる直筆原画「常世国」、「往生要集の地獄」、「八大地獄の光景」、「決死の渡海 補陀落浄土」が特別展示されることも注目だ。水木しげるが幼少期に大きな影響を受けたという正福寺(鳥取県)の「地獄極楽絵図」(展示は複製パネル)も展示。

◆日時
2018年9月22日(土)〜11月25日(日) 
※月曜日休館(祝日の場合は翌日)
午前10時〜午後5時(入館は4時半まで)

◆会場
龍谷ミュージアム(京都市下京区堀川通正面下る)

◆主催
龍谷大学 龍谷ミュージアム、産経新聞社、京都新聞

◆入館料
一 般1,200円、高大生 800円、小中学生400円
※団体(20名以上)は一 般1,000円、高大生600円、小中学生300円
※小学生未満、障がい者手帳などの交付を受けている方とその介護者1名は無料
※前売り券:一 般1,000円、高大生600円、小中学生300円 ※9月21日(金)まで

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
© Copyright 2011 evenear all right reserved.