サイト内
ウェブ

給湯器の寿命はどれくらい?給湯器の交換の前に知っておきたい3つのこと

  • 2018年3月14日
  • エネチェンジ

給湯器の調子が悪かったり、給湯器が古くなってきたという際に、「修理しようか、買い替えようか······」と悩んでしまいますよね。給湯器の交換を検討している方向けに、給湯器の交換の前に知っておきたい3つのことをご紹介します。

1)給湯器の寿命は約10年

給湯器の寿命って、どのくらいなのでしょう?寿命年数を知っておくと、交換時期の目安になります。
ガス給湯機器メーカーの「リンナイ」「パロマ」「ノーリツ」によると、ガス給湯器の寿命の目安は約10年なのだそう。
参照:
ガス給湯器の点検・取替え目安は10年です | リンナイ株式会社
ガス給湯器お取替えQ&A|取替えLab.|Paloma
給湯器の点検・取替の目安について|ノーリツ

給湯器の買い替え時で悩んでいる人は、10年を目安に買い替えを検討すると良いでしょう。

2)家庭のエネルギー消費のうち28.9%を給湯が占めている

資源エネルギー庁「エネルギー白書2017」より作成 家庭のエネルギー消費のうち、給湯が占める割合は28.9%と、意外と大きいんです。
全体の約3割ものエネルギーを消費している給湯器を交換するのであれば、できるだけ省エネのものを選んで、節約したいですよね。

3)省エネな給湯器、どうやって選べばいい?

エアコンと同じように、給湯器も省エネ化が進んでいます。給湯器を買い替える時は、自分の家庭に合った省エネ機器を選びたいものです。でも、給湯器ってたくさん種類があって、どのように選べば良いか悩んでしまいますよね。

そんな時は、省エネ診断をご利用ください。光熱費と利用年数などを入力するだけで、給湯器を変えることによって、どれくらい光熱費が下がるのか、診断結果が届きます。ご利用はもちろん無料です。省エネ診断をされた方の中には、築15年で年間11.4万円の節約事例も······!みなさんのご家庭も、どのくらい光熱費が下がるのか、まずは診断だけでもしてみてください。

給湯器の買い替え、迷ったら省エネ診断がおすすめ◎

給湯器の交換の前に知っておきたい3つのことをご紹介しました。 1)給湯器の寿命は約10年 使い始めてから10年を交換の目安にしましょう。 2)家庭のエネルギー消費のうち28.9%を給湯が占めている。 全体の約3割のエネルギーを使っている給湯、省エネな機器に買い替えることで節約が可能。 3)省エネな給湯器、どうやって選べばいい? 省エネ診断で、給湯器を変えることによって、どれくらい光熱費が下がるのか診断できる。

家庭のエネルギー消費の約3割を占めている給湯器、古い給湯器を我慢して使うよりも、省エネな給湯器に買い替えて使ったほうが、ランニングコストを抑えて光熱費を下げることができます。

給湯器の買い替えを迷っている人は、給湯器を変えることによってどれくらい光熱費が下がるのか、まずは省エネ診断してみましょう!

関連する記事はありません

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Enechange Co., Ltd. All Rights Reserved.