サイト内
ウェブ

エアコン冷房の設定温度が高めでも涼しく過ごせる方法が知りたい!室温28度でも涼しく過ごすには?

  • 2019年9月25日
  • エネチェンジ

夏、エアコン冷房時の室内温度の目安は28℃とされていますが、室温が28℃って暑くないの?と思っている方もいるはず。実は、エアコン冷房の設定温度が高めでも、涼しく快適に過ごすためのポイントがあるんです。


環境省が推奨する、エアコン冷房時の室内温度の目安は28度

環境省は、エアコン冷房時の室温の目安を28℃としています。ただし、28℃はあくまでも目安の数値で、冷房時の外気温や湿度、立地など建物の状況、室内にいる人の体調等を考慮しながら、無理のない範囲で冷やし過ぎない室温管理をと呼びかけています。
参照:環境省

エアコン冷房を使用する際、まずは室内温度が28℃になるように設定し、状況を見てエアコンの設定温度を調節していくと良いでしょう。

快適な室温で、エアコンの電気代も節約していくためにはどうすればいい?冷房の設定温度が高めでも涼しく過ごせる、2つの方法

夏の間ずっと使うエアコンは、電気代も気になるところ。そこで、設定温度が同じでも涼しく快適に過ごせる2つの方法「エアコン&扇風機のW使い」と「エアコンの自動運転」を知っておきましょう。

エアコン&扇風機のW使いで体感温度を下げる! エアコンと扇風機をW使いすることで、首や顔まで冷気が行き届いて体感温度が下がります。室内の温度ムラもなくなるため、設定温度が高めでも涼しく快適に過ごしやすくなります。
エアコンと扇風機をW使いする際は、エアコンの風向きは水平に設定し、扇風機は首降りを可能な限り上向きにして回します。

エアコン&扇風機のW使い方法について、さらに詳しくは以下の記事でご説明しています。

扇風機&エアコンのW使いで夏の電気代が1部屋3000円近くも節約できる! エアコン運転モードは自動運転ですぐに涼しい部屋をつくる! エアコン冷房運転時は「自動運転」モードがおすすめです。自動運転モードは、短時間で室内気温を設定温度まで下げて、その後は室温を設定温度で保つ運転を行います。自動運転は早く室内が涼しくなるのに加えて電気代も安く抑えることができるんですよ!

エアコンの自動運転のしくみについては以下の記事でご説明しています。

エアコン冷房(クーラー)は弱運転より自動運転のほうが電気代が安い!

お得に使える電力会社のプランを選んでエアコンの電気代をもっと節約しよう!

エアコン冷房の設定温度が高めでも、涼しく快適に過ごすための2つのポイントをご紹介しました。エアコン冷房の設定温度を26℃から28℃に上げることができた場合、夏の電気代を3,000円近く節約することが可能になります(エネチェンジ調べ)。

さらに、電気料金プランを見直して、ご家庭の生活スタイルに見合ったいちばん安い単価が適用されるプランに変更することで、エアコンにかかる電気代も大きく節約することができるようになります!夏の電気代をお得に節約していくために、電力会社のプラン見直しもしておきましょう。

記事を読み進める前に… 電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。 郵便番号を入力して、比較してみよう! エネチェンジ電力比較でピッタリの電気料金プランを見つけよう

ご家庭で一番お得に使える電気料金プランは、エネチェンジ電力比較でその場で簡単に診断することができます。

「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。もちろん、無料でご利用いただけます。エネチェンジ電力比較を試してみる

関連する記事:
  • エアコンを安く使うには自動冷房がいちばん!効率よく電気代を節約する方法を紹介
  • エアコンの節電につながる、サーキュレーターの効果的な使い方って?
  • エアコン冷房(クーラー)の節電ができるサーキュレーターの効率的な使い方って?
  • キーワードからさがす

    gooIDで新規登録・ログイン

    ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
    たまって環境に貢献できます。

    掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
    Copyright (c) Enechange Co., Ltd. All Rights Reserved.