サイト内
ウェブ

【かんたん山ごはん】梅にゅうめん

  • 2018年10月12日
  • エイ出版

山ごはん作りの密かなエキスパート、そうめん! 約1分半でゆで上がるので、山頂の調理にももってこいなんです。家庭では別の湯でゆでることが多いと思いますが、山ではゆで汁も残さずいただきます。そうめん自体に塩分が含まれているので、調味の塩の分量を控えめにするなどして調整をしましょう。

ジンジャー風味のあっさり味「梅にゅうめん」

【材料】(1人分)
そうめん…100g
梅肉(チューブ)…小さじ1
水…300ml
鶏だし(市販品、キューブタイプ)…1個
しょうが(薄切り)…1/2片分
鶏ささみ(加熱済、パック)…40g

【作り方】
●山での手順
1.鍋に水、鶏だし、しょうが、梅チューブを入れて沸かす。
1299

2.フツフツしてきたら、そうめんを入れ、表示の時間通り(1分半ほど)にゆで、ささみを散らす。
2

キューブタイプの鍋用だしは、旨みが深く、塩味も決まっているので、鍋以外の調理にもオススメ。持ち運びも便利なので重宝する。
3

「梅にゅうめん」のでき上がり!

6
2ステップで簡単にできちゃうそうめんレシピ、いかがでしたか? そうめんはもちろん、鍋用のだしキュープもとっても便利ですね! 前回、ご紹介した「豆乳坦々そうめん」(写真右)と合わせて“そうめんで作る山ごはん”、ぜひチャレンジしてみてください。

※本コーナーで紹介しているレシピは、『ランドネ 2018年11月号 No.102[付録あり]』P81で掲載しています。ぜひ誌面もご覧ください!

01_4839
●カノウヒナタ(KIPPIS)
アウトドアパーティを主催するKIPPISでフードスタイリストを担当。管理栄養士の資格をもつ。時間を見つけては山に登り、おいしいごはんを作って食べることが喜び。www.kippis.me

(出典:『Share the Mountain』、写真:猪俣慎吾(KIPPIS)、文:長嶺李砂、料理:カノウヒナタ(KIPPIS))

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。