サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

【参加者募集】10月20日に第26回エコ×エネ・カフェを開催!

  • 2017年9月25日
  • 緑のgoo編集部

エコ×エネ・カフェは9年目を迎えました。
今年度も各分野の第一人者をゲストに招き「エコロジー」と「エネルギー」について語り合い、私たちの豊かな社会について考えていく場を年3回開催します。
現在、第26回の参加者を募集していますので、お誘いあわせの上、奮ってご参加ください!

エコエネカフェの募集は終了しました。 style=

第26回のテーマは「自動運転」

○トークテーマ
「自動運転で何が起きるか? ~社会を変える交通革新、その現状と課題~」


 現代のクルマを取り巻く環境には、ガソリン車・ディーゼル車による大気汚染や、高齢者の交通事故など様々な課題があります。一方、電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)の開発、インターネットと繋がるコネクテッドカーの登場、衝突防止アシストなどの安全自動運転技術など、数年前と比べても目覚ましい進歩を遂げています。

 自動運転技術により事故が防げたり、AIにより地域交通網が管理できれば、交通や流通はどのように変わるのでしょうか?

 今回は、トヨタ自動車株式会社で長年自動車の電気制御システムの開発を行い、現在は自動運転技術と都市交通を研究されている筑波大学の川本先生に、自動運転技術が交通・流通を変えられるか、その現状と課題、そしてクルマ社会の未来予想図をお話いただきます。

 EVや自動運転技術、公共交通ネットワークの普及による「交通革新」で、エコとエネの視点から私たちの生活はどう変わっていくのか一緒に学んでみませんか?

○ゲスト
カワモトさん写真

川本 雅之(かわもと まさゆき)氏
国立大学法人 筑波大学
国際産学連携本部 産官学共創プロデューサ 教授

エコエネカフェの募集は終了しました。 style=

エコ×エネ・カフェの流れ


○当日のスケジュール

○進行方法
毎回ゲストをお招きして、エコとエネに関する話題を提供していただきます。それをきっかけに、「エコ×エネ」(エコとエネのバランス社会、あり方)を探求する「ワールドカフェ」を行います。
ゲストの方には話題提供のあと、参加者と共にワールドカフェに加わっていただきます。

○エコとエネが調和した社会をめざして
ゲストからの話題をきっかけに、気軽に且つ真面目に、自分事としてエコロジーとエネルギーを考える。それが「エコ×エネ・カフェ」です。 「エコ=エコロジー(自然)環境」 だけを語るのではなく、「エネ=エネルギー」だけを語るのでもなく、「エコとエネ=エコ×エネ」を語る場です。 「エコ」と「エネ」は、人々の豊かな暮らしを支えていくために、どちらも必要です。「エコ×エネ」が、人々の暮らしとつながっていることを再認識し、「エコ×エネ」をテーマとした課題を知り、これから何が必要か、自分に何ができるのかを考えていきます。
お茶を飲みながらのリラックスした雰囲気の中で、対話を通じて参加者一人ひとりが、自分事として、エコについて、エネついて話し合い、自らの気づきを深めていく、そこからまた新しいアクションが生まれる。そんなひとときを体験しませんか?

○補足
「エコ×エネ」をテーマにした課題の答えは一つではないことを理解したうえで、識者から一方的に教わる場ではなく、カフェに参加した全ての人の意見を尊重し、気軽に真面目に話し合い、新しい気づきを促し、お互いに学びあう場を創造していきます。
※「エコ×エネ」の「×」の意は、エコとエネの立場にある人が100%以上の力を発揮することによる相乗効果で社会課題を改善していくという意志を示しています。

エコエネカフェの募集は終了しました。 style=

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

記事の無断転用は禁止です。必ず該当記事のURLをクリックできる状態でリンク掲載ください。