サイト内
ウェブ

準優勝を達成。菱洋エレクトロ、東海大学のソーラーカーにコンピューター提供

  • 2019年12月9日
  • エネクトニュース
『BWSC』にて提供
菱洋エレクトロ株式会社は、2019年12月5日、東海大学のソーラーカーチームにコンピューターを提供したと発表した。

同社は、半導体・デバイス事業とICT・ソリューション事業を手がけるエレクトロニクス商社。コンピューターの提供は、ソーラーカーレース『2019 BRIDGESTONE WORLD SOLAR CHALLENGE(以下『BWSC』)』において行われている。

未来のモビリティに繋がる技術的挑戦を支援
『BWSC』は、太陽光を動力源とするソーラーカーを駆って、オーストラリア北部のダーウィンから南部のアデレードまでを約5日間で走破するレース。主催のブリヂストンは、「Dream bigger. Go farther.」をテーマとして、未来のモビリティに繋がる技術的挑戦を支援している。

今回菱洋エレクトロが同レースにおいて支援したのは、東海大学チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチーム。歴代2度の優勝を経験している同チームは、2019年度はニューマシン『2019 Tokai Challenger』で参戦。テラバイト級の演算処理が必要となる同マシンにおいて、菱洋エレクトロ提供のコンピューターは活用された。

全道程を走破、準優勝の好成績も残した
『2019 Tokai Challenger』は、車体への空気流入を抑えると共に、空気抵抗を減らしつつ横風への耐性も高めるべく、設計が行われた。結果として、高度な演算処理をサーバーシステムが導入されることとなり、菱洋エレクトロは6TBのメモリーを実装できるコンピューターを提供している。

なお2019年度の『BWSC』は同年10月に開催され、東海大学の『2019 Tokai Challenger』は全道程の走破を達成。また、準優勝の好成績も残したという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東海大学ソーラーカーチームにコンピューターを提供 - 菱洋エレクトロ株式会社
https://www.ryoyo.co.jp/info/products/9343/

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。