サイト内
ウェブ

フェニックス、地域貢献型付帯サービス「eじゃんプラス」の運用開始

  • 2019年11月8日
  • エネクトニュース
2019年11月1日より運用開始
株式会社フェニックスは、2019年11月1日より「サーラeエナジー株式会社」とともに、サーラグループの電気付帯サービス「eじゃんプラス」を運用開始すると発表した。

電気を使用しながら地域貢献活動に参加
フェニックスでは「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取り組みを推進するためのプロジェクト「PHOENIX Hope」を2019年よりスタートしており、今回、電気付帯サービス「eじゃんプラス」を「PHOENIX Hope」の取り組みとして運用開始した。

電気付帯サービス「eじゃんプラス」は、地域貢献活動を行う企業・団体に、通常の電気料金に付帯したサービス料金を支援金として納付することで、東三河・遠州地域に住む人達へ還元するもので、電気を使用しながら地域貢献活動に参加できるサービスだ。

「PHOENIX Hope」の取り組みとして「eじゃんプラス」を運用開始後は、サービス特典として、プロバスケットボールクラブ「三遠ネオフェニックス」の選手とのバイオマス発電所見学ツアーや「三遠ネオフェニックスグッズ」のプレゼントなどが提供される予定だ。

「eじゃんプラス」の詳しい情報や申し込み方法については「サーラeエナジー」のホームページより確認できる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三遠ネオフェニックス プレスリリース
https://www.neophoenix.jp/hometown/detail/id=15514

「サーラeエナジー」ホームページ
https://www.salaeenergy.sala.jp/ejan/

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。