サイト内
ウェブ

大成建設とイデオル 浮体式洋上風力発電に関する覚書締結

  • 2019年10月12日
  • エネクトニュース
大きなポテンシャルを秘める洋上風力発電
2019年10月11日、大成建設株式会社は、Ideol SA(イデオル)社と、イデオルが保有する特許技術を用いた日本市場におけるコンクリート製浮体式洋上風力発電設備向け浮体基礎の開発及び市場開拓に関して、覚書を締結したことを発表した。

平成21年度に環境省が実施した再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査によると、日本の洋上風力発電は大きな導入ポテンシャルがあることが明らかになっており、強く安定した風力が得られる洋上では、効率的な発電が見込まれるため、実用化に期待が高まっている。

また、浮体式洋上風力発電は、着床式よりも深い水深海域にも対応することが出来るため、遠浅の海域が少ない日本の海域における浮体式洋上風力発電のポテンシャルは、着床式の約3倍であると言われている。

浮体式洋上風力発電の国内市場の伸長を目指す
イデオル社は、フランスに本社を置く、浮体式洋上風力発電向け浮体基礎の開発を行う企業だ。世界的にも評価の高い特許技術である「Damping Pool(ダンピングプール)」、そして60名以上の専門性の高いエンジニアリングチームを有している。

2019年5月より北九州沖で実証運転を行っている浮体式洋上風力発電「ひびき」にも、イデオル社の技術が活用されている。

両社は本覚書を通じ、お互いの知見と経営資源を活用し、共同でコンクリート製浮体式洋上風力発電設備の市場開拓を進めることで国内市場の加速と成長への貢献を目指すという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大成建設株式会社 プレスリリース
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/191011_4809.html

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。