サイト内
ウェブ

DLTのInsolar社、カナダの地域保全公社と提携して持続可能エネルギーを推進

  • 2020年4月6日
  • エネクトニュース
技術評価プログラム『STEP』にて提携
Insolar社は、2020年4月3日、カナダ・トロントの地域保全公社と提携し、持続可能なエネルギーを推進すると発表した。

Insolar社は、DLT(分散型台帳技術)の分野における革新的な専門企業。この提携は、地域保全公社が主導する持続可能な技術評価プログラム『STEP』において行われる。

DER(分散型エネルギー源)が増加しているカナダ
近年、二酸化炭素排出量に対する不安はカナダの住民において高まっている。こうした不安に後押しされる形で同国では、電気エネルギーミックスに加わるDER(分散型エネルギー源)が増加。特に、従来型電力の廃止後に電力供給のギャップを埋める重要な政策戦略として、DERは期待されているという。

こうした状況においてトロントの地域保全公社の『STEP』は、DERの導入を促進している。同プログラムでは特に、太陽光と風力による再生可能なDERを高く評価。新世代電力としてエネルギーミックスに多大な付加価値をもたらすと判断し、導入するために必要なデータと分析ツールをカナダにおいて提供している。

DERを大規模に運用するための鍵になる
Insolar社は『STEP』において、同社製品『Insolar Assured Ledger』のDERに対する自動制御機能のテストベッド構築について、参画する。『Insolar Assured Ledger』は、信頼性できるデータ交換を可能にするプラットフォームで、DERを大規模に運用するための鍵になる。

この提携によりInsolar社は、DLTがエネルギーの流れ・交換を最適に管理できることを実証するとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Insolar社
https://insolar.io/

Insolar、トロント・地域保全公社と提携し、 持続可能なエネルギーを推進 - @Press
https://www.atpress.ne.jp/news/209368

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。