サイト内
ウェブ

日本で最大の風力発電所、つがる市で稼働

  • 2020年4月8日
  • エネクトニュース
発電機38基、総出力は約9万世帯分
株式会社グリーンパワーインベストメント(以下「グリーンパワーインベストメント」)は4月1日、グループ会社を通じて青森県つがる市において、日本最大の風力発電所の商業運転を開始した。

グリーンパワーインベストメントは2004年に設立され、再エネ発電所の開発・建設から保守・運営を行っている。新発電所「ウィンドファームつがる」の運営には、グリーンパワーつがる合同会社があたる。

新発電所は出力3200kWの発電機38基を設置し、総出力12万1600kW。運転開始時点で国内最大の風力発電所であり、一般家庭約9万世帯分の電力を供給する。発電で得られた電力は全量、東北電力が購入する。

さらに2件の大型風力発電所を着工準備中
グリーンパワーインベストメントは現在、岩手県遠野市と北海道石狩市において、大型風力発電所の建設準備を行っている。

遠野市の風力発電所では山岳地帯に出力4200kWの発電機を27基設置し、総出力11万3400kW。石狩市では石狩湾新港の一部に出力8000kWの機種を設置する、総出力10万kWの洋上風力発電所。いずれも2020年着工の予定となっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

グリーンパワーインベストメント リリース
https://greenpower.co.jp/

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。