サイト内
ウェブ

東芝エネルギーシステムズ、アフリカでの水力・地熱発電案件開発で仏企業と戦略的協力関係構築

  • 2018年5月9日
  • エネクトニュース
発電所建設に関する戦略的協力関係構築で覚書を締結
東芝エネルギーシステムズ株式会社は5月3日、アフリカでの水力・地熱発電案件の開発で、フランスのバンシコンストラクション社との間で、発電所建設に関する設計からエンジニアリング・製造・建設までの戦略的協力関係を構築することに合意し、覚書を締結したと発表した。

バンシコンストラクション社は、大手総合建設会社VINCI S.A.のグループ会社で、欧州のリーダー企業として、ビル、シビルエンジニアリング、水関連インフラ、エネルギーなどの分野における設計、建設からメンテナンスまでを担っている。

とりわけ太陽光発電や水力発電、豊富な地熱資源を活用した地熱発電を含む再生可能エネルギーへの期待が高まっているアフリカでは、子会社のソジェサトム社を通じ、20カ国以上で90年以上にわたって豊富な実績があるとのこと。

今回の協業により東芝エネルギーシステムズは、水力・地熱発電設備に関する高い技術力やノウハウとバンシコンストラクションの豊富な実績に基づく建設ノウハウやグローバルネットワークを組み合わせ、アフリカでの水力・地熱発電所建設案件への更なる参入を目指すという。

水力発電事業と地熱事業で世界各国に実績
なお同社は、水力発電事業では、1894年に日本最初の事業用水力発電所向けに国産初の60kW水車発電機を納入して以降、東南アジアなど世界各国で2,000台以上、発電出力合計59GW以上の水車の納入実績がある。

また地熱事業では、アフリカのほか、北米、東南アジアなど世界各国に56台、発電出力合計約3.6GWの地熱向け蒸気タービンを納入していて、世界トップの実績を誇っている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東芝エネルギーシステムズ株式会社 プレスリリース
https://www.toshiba-energy.com/info/
 


あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。