サイト内
ウェブ

天台宗の僧侶が教える“掃除”のコツ 1日30分の掃除が「平常心是道」の 領域に入るには…

  • 2022年11月25日
  • CREA WEB

 15歳で仏門に入り、朝から晩まで掃除と修行の日々を過ごし、28歳で最も苛烈な修行といわれる「千日回峰行」に挑んだ光永圓道(みつなが・えんどう)。地球1周分に相当する約4万キロメートルを7年かけて徒歩で巡礼し、9日間にわたって断食・断水・不眠・不臥で不動明王を念じる千日回峰行は、平安時代から1000年以上続く、命がけの難行苦行の修行です。

『比叡山大阿闍梨 心を掃除する』は、光永圓道大阿闍梨が天台仏教、そして荒行で体得した「良く生きるための気づき」を、掃除という万人共通の生活行動を通して説く、唯一無二の人生哲学書です。

 やらされるのではなくやる、身の回りを整理することで心を切り替える、まずは美しい所作から身につけるなど、今日より明日をよりよく生きるためのヒントを同書より紹介します。


毎日必ず使う「トイレ、風呂、台所」

 毎日の掃除は、具体的にどこまできれいにすればよいのでしょうか。この「どこまで」には、3つのポイントがあるように思います。

 1つ目は、家の中のうち「どこまでの範囲」を毎日掃除するのか。

 私が小僧をさせていただいた明王堂では、日常生活を送る空間については毎日すべてを掃除していましたが、これは数多くの小僧がいてこそ可能になる範囲なので、一般のご家庭で倣うにはいささか無理があります。

 掃除の基本は「(汚れを落として)もとに戻すこと」ですから、優先して考えるべきは、汚れが蓄積しやすい場所でしょう。トイレ、お風呂、洗面所、台所あたりがすぐに浮かびます。


掃除の基本は、上から下へ。上のものを拭く際は、拭き残しのないよう、常にはみ出すまで手を動かす。落としたゴミは、床掃除で回収(『比叡山大阿闍梨 心を掃除する』より)。

 2つ目は、毎日の掃除に「どこまでの時間」を割くべきか。

 これも難しいポイントです。皆さま、それぞれ異なるライフスタイルをお持ちですから、時刻表の雛型のようなものは作れません。けれど、全員の暮らしに共通するタイミングはあるのです。

 何時に起きて、何時から家事や仕事で、何時に就寝という時刻がバラバラでも、たとえばトイレに行かない人はいません。あるいは風呂に入らない人も、台所をまったく使わないという人もいないでしょう。

 だとすれば、毎日かならず使う場所については、「掃除のための時間」という括りから外してしまってはいかがでしょうか。それらの場所の簡単な清掃については、特別に時間を割くのではなく、「日常で使う時間」の中に組み込んでしまうのです。

トイレ:毎朝、最初に使った後に、掃除。
風呂:毎晩、最後に使った後に、掃除。
台所:夕食の後に、掃除。

毎日掃除のために時間を割くことは簡単ではないから…

 この前提の上で、「どこまで」について考えてみましょう。前述の3カ所の掃除を「掃除のための時間」ではなく、「日常で使う時間」に組み込むなら、清掃に費やされる時間はできるだけ短くした方がいいわけです。

 たとえば、トイレなら便座を拭き、便器をブラシで掃除するだけ。はたきと壁拭き、床拭きは「掃除のための時間」に回す。風呂については床掃除と壁掃除を1日で済ませるのではなく、交互におこなう。カビ取りやバスチェア、シャンプーラックなどの清掃は「掃除のための時間」に回す。

 台所も同じです。洗い物を終えた後、そのまま(別のスポンジを使って)台所用洗剤でシンクも洗う。加えて、キッチンカウンター、コンロとその周辺の壁の水拭きまではやるけれど、それ以上の作業は「掃除のための時間」に回す。こうなると、毎日の「掃除のための時間」には、「日常で使う時間」以外の次のような作業が残ります。


掃除は、何よりも結果を重視したい。足袋については、洗濯機よりも手洗いが効果的(『比叡山大阿闍梨 心を掃除する』より)。

トイレ:はたき。壁拭き。
風呂:カビ取り。バスチェアやシャンプーラックなどの清掃。
台所:はたき。換気扇周りや壁、調味料棚などの拭き掃除。
洗面所:はたき。シンクの清掃。整髪料などの棚の清掃。
玄関:はたき。三和土の清掃。
床拭き/掃除機:トイレ。台所。洗面所。玄関。廊下。居間ほかの各部屋(はたき)。

 これらの作業をすべて十全におこなうとなると、まず間違いなく、90分以上はかかるでしょう。その上、家事は掃除だけではありません。ひとりでやるにせよ、誰かと分担するにせよ、料理や洗濯、買い物、ゴミ捨てなど、ほかにもやるべきことがたくさん控えています。

 そんな中で、毎日90分以上もの時間を、掃除のために割くことは簡単ではないはずです。しかし、先に挙げた作業を毎日全部やるのであれば、やはり時間はかかってしまうのです。この問題を解決するために、「作業量で区切る」のではなく、「時間で区切る」のはどうでしょうか、というのが私の考えです。

「きれい」を決めるのはあなた自身

 たとえば、毎日かならず「30分間」だけは掃除をすると決めましょう。もちろん45分でも、60分でも構いませんが、30分未満はお勧めしません。これ以上短いと、清掃が中途半端になってしまいがちですし、習慣化するまでの道もずいぶん遠くなってしまいます。

 まず、紙を1枚用意してください。ノートの切れ端でも、チラシの裏紙でも結構です。トイレ、風呂、台所の「使い終わりの掃除」は時間に含みませんので、前ページに挙げたそれ以外の作業を書き出します。

 掃除をおこなう時間帯は朝でも、昼でも、夜でも大丈夫です。始める際は、時間の区切りがわかるようにタイマーをセットしておきましょう。あとは掃除をするだけです。

 結論を先に申し上げると、30分では全部の掃除を終えることはできません。けれど、タイマーのアラームが鳴ったら、その時点で掃除を止めてください。それから、終わった作業について、メモ紙に印を付けます。翌日の30分は、手を付けられなかった作業から始めましょう。


〈協力:関口真允〉(『比叡山大阿闍梨 心を掃除する』より)

 これを繰り返していくと、あなたの胸の内に体内時計ができあがり、その時間内にこなせる作業量がだんだん増えていきます。

 そして知らず知らずの間に、ごく自然に毎日の掃除が「平常心是道」の領域に入っていくのです。

 そのうちに、1日30分×3日のサイクルで、メモした作業が終えられるようになれば、1週間で家の中のすべての場所を2度掃除している計算になります。

 次の段階は、その状態の家を、あなたが「きれい」だと判断するかどうかです。「きれい」という言葉は、とても難しい。絵画と同じですね。

 いまでは、誰もが「素晴らしい」と認めるゴッホの絵も、彼の生前はまるで評価されませんでした。絵が主観に左右されるように、掃除に「どこまでのレベルを求めるのか」を決めるのもまた、主観です。

光永圓道(みつなが・えんどう)

1975年、東京都に生まれる。
1990年、比叡山にて得度受戒。
1997年、花園大学仏教学科卒業。
2000年、延暦寺一山・大乗院住職。
2008年、明王堂輪番拝命。
2009年、千日回峰行満行。北嶺大行満大阿闍梨。
2015年、十二年籠山行満行。
現在、大乗院住職、覚性律庵住職。

文=光永圓道

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Bungeishunju ltd. All Rights Reserved.