サイト内
ウェブ

植物系美容オイルが好きすぎる! プロが偏愛する傑作オイル4選

  • 2020年6月30日
  • CREA WEB

 どんなモデルでも必ずあか抜けた洒落顔に仕上げ、おしゃれメイクの天才と名高い、ヘア&メイクアップアーティストの岡田知子さん。

「ブームになるよりも前からずっとオイルが大好き」と、オイルには並々ならぬ愛をもつ岡田さんの偏愛するオイルとは?

 CREA6・7月合併号に掲載中の「偏愛コスメ特集」より、WEBだけの拡大版をお届けします。


ひとつひとつに物語がある 植物オイルに思いを馳せて


1:SUNDAY RILEY Luna Sleeping Night Oil
2:ダバブ モロッカンカクタスオイル
3:EUDITION OIL(ユーディション オイル)
4:MOON PEACH サーキュレイトオイル。すべて私物。

 植物オイルラバーの岡田さん。オイルのどんなところに惹かれているのでしょう?

「香りや使用感はもちろん、使用されている植物それぞれの生産者のこだわりや、製作過程といった背景の部分が素晴らしく、ひとつひとつのオイルにロマンを感じます。

 休日のスキンケアや飛行機内への持ち込みなどは、オイルが1本あれば保湿力も十分。肌になじませると、不純物なく植物の持つパワーそのものをもらえる感じがします。

 ロケや出張先で、その土地ならではの植物オイルをチェックするのもの楽しみのひとつです」(岡田さん)

 そんな岡田さんが溺愛する植物オイル4本を紹介します。

1:SUNDAY RILEY Luna Sleeping Night Oil

 肌のターンオーバー促進に効果的なビタミンA(レチノール)が配合された、100%植物由来の美しいブルーの夜用オイル。

 攻めのオイルとして海外セレブなどにも愛されている。使用後は肌の透明感がアップ!

SUNDAY RILEY

https://sundayriley.com/products/luna-sleeping-night-oil

2:ダバブ モロッカンカクタスオイル

 スキンケアに有用な成分を豊富に含む、モロッコの豊かな大地で育った良質なサボテンの種子をコールドプレス製法で抽出。

 美しい土壌と生産者、環境に配慮した、世界基準のオーガニック認証オイル。

 抗酸化作用があり、優れた保湿力を持つとされる天然のビタミンEが豊富に含まれている。

DABAB(ダバブ)

https://www.cactusoil.co.jp/

3:EUDITION OIL(ユーディション オイル)

 古くから鹿児島に自生する果実・「辺塚だいだい」から抽出した発酵エキスを配合した美容オイル。

 無農薬・無化学肥料で栽培される「辺塚だいだい」のうち、収穫や加工の際に廃棄される果皮を再利用して抽出された成分は、保湿力が高く、肌のキメを整えてくれる。

EUDITION(ユーディション)

https://eudition.stores.jp/

4:MOON PEACH サーキュレイトオイル

 沖縄原産で、古く琉球の時代から祭事などに用いられてきた野草「月桃」を、古典的な抽出方法を用いて精製した美容オイル。

 抗酸化作用やコラーゲンの産生促進など、いきいきとした素肌へと導く効果が期待できます。

 植物の恵みがぎゅっとつまった、しっとりとしたテクスチャーも魅力。

MOON PEACH

https://moonpeach.jp/

 オイル以外にも岡田さんを夢中にさせているものがあります。それはブラシ。

 ブラシに対する並々ならぬこだわりっぷりもご紹介!

このブラシだから表現できる唯一無二のタッチが愛おしい


「NY時代、コレクションに参加させてもらったときにいただいたブラシ(写真右から4本目)は特に思い出深いもの。スクールの先生にいただいて以来、大好きなのが灰リス毛(中央)。アイライナーブラシでまつげを、江戸屋の動物毛の歯ブラシ(左から3本目)で生え際や眉毛を整えるのは、NYで学んだテクニックです」(岡田さん)

「メイク学校を卒業する際に、先生から1本のブラシをいただき、それが“質”にこだわる大切さを知るきっかけになりました。学生にとって高級品の灰リス毛のブラシならではの表現は当時衝撃でしたね。

 修業時代はブラシをたくさん持っているとそれだけでメイクが上手になったような気がして、やたらと買い集めていましたが、今はできるだけ削ぎ落とし、厳選。質がいいものはお手入れをして大事にすれば20年近く使えます。

 もちろん集めたブラシは全部大切で取ってあります。ひとつひとつに、それでしかできない表現があるし、思い出も詰まっている、かけがえのない存在です」(岡田さん)


岡田知子(おかだともこ)さん

ヘア&メイクアップアーティスト。TRON所属。メイクアップの最前線、NY仕込みのスタイリッシュな感性を「真似してみたい」ところに落とし込む、類稀なるバランス感覚の持ち主。

Text=Kyoko Murahana
Photographs=Hidetake Nishihara(TENT)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Bungeishunju ltd. All Rights Reserved.