サイト内
ウェブ

人口わずか5,000だったウエリントンが ニュージーランドの首都に選ばれた理由

  • 2018年12月5日
  • CREA WEB

Magnificent View #1454
ウエリントン(ニュージーランド)


(C)Robert Harding Images / Masterfile / amanaimages

 世界には、首都でありながら知名度の低い街がある。ウエリントンもそのひとつだろう。

 同国最大の都市オークランドの影に隠れがちだが、ここは、主に北島と南島からなるニュージーランドのすべての行政の中心地だ。

 特徴は、自然と近代的な都市機能が共存していること。ケーブルカーを使って丘に登れば、ラムトン湾沿いに広がる美しい街並みを望むことができる。

 都心から海も至近。仕事を終えた後にビーチへ繰り出したり、海沿いのレストランでディナーを食べたりと、人々のライフスタイルも羨ましいかぎり。

 かつて、ニュージーランドの首都はオークランドにあった。それよりはるかに規模が小さいこの街に首都に移されたのは、1865年のこと。

 南島がゴールドラッシュに沸いたことから、南北島間の分裂の危機が懸念され、北島北部のオークランドからより南島に近い場所に遷都を検討。ちょうど国土の中央に位置するウエリントンが選ばれのた。当時、人口は5,000人足らずだったという。

文=芹澤和美

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Bungeishunju ltd. All Rights Reserved.