サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

綿あめをのせたすき焼きのお味は? 「星野リゾート 界」のご当地鍋12選

  • 2017年12月29日
  • CREA WEB

大間のマグロをねぎと一緒に

 星野リゾートが各地で展開する温泉旅館ブランド「星野リゾート 界」。土地の魅力や文化に触れることのできるサービスが特徴だが、その土地の旬の食材を存分に味わえるのも大きな楽しみ。今回はこの冬「界」で楽しめるご当地鍋の数々を紹介しよう。

●星野リゾート 界 津軽
“大間のマグロ会席”


“大間のマグロ会席”は2018年2月28日(水)まで。※12月29日(金)〜1月3日(水)は除く。

 青森県・大鰐温泉で古代檜の湯殿が楽しめる「星野リゾート 界 津軽」。ここでは津軽海峡でとれた大間のマグロを堪能する“大間のマグロ会席”を味わいたい。

 お造りや握りはもちろん、トロをさっと鍋にくぐらせて、ねぎとともに楽しむ「ねぎま鍋」は絶品だ。「黒いダイヤ」と呼ばれるマグロの最高峰をぜひ。

星野リゾート 界 津軽
所在地 青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/tsugaru/

●星野リゾート 界 日光
“東照湯波会席”


“東照湯波会席”は通年で楽しめる。

 世界遺産にほど近く、中禅寺湖の絶景を望む中禅寺温泉の「星野リゾート 界 日光」では、“東照湯波会席”を。日光名物であり、古くから精進料理として食べられてきた湯波を、先付け、お造り、揚げ物など、さまざまな味わい方でいただこう。

 なかでも和牛と湯波を豆乳にくぐらせて食べる“ミルフィーユしゃぶしゃぶ鍋”は、とろりとした口当たりが最高だ。大修理を終えた東照宮の国宝「陽明門」をイメージした器でどうぞ。

星野リゾート 界 日光
所在地 栃木県日光市中宮祠2482-1
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/nikko/

●星野リゾート 界 鬼怒川
“味噌牛しゃぶ会席”


“味噌牛しゃぶ会席”は通年で楽しめる。

 栃木県のさまざまな民藝に触れられる、鬼怒川温泉の「星野リゾート 界 鬼怒川」。ここではちょっと珍しい“味噌牛しゃぶ会席”を。

 栃木は実は醸造に適した気候で、昔ながらの味噌づくりが盛ん。そのコクのある味噌を使った牛しゃぶ鍋だ。数種類の味噌を調合し、すりおろした玉ねぎと合わせたオリジナルの味噌だれで召し上がれ。

星野リゾート 界 鬼怒川
所在地 栃木県日光市鬼怒川温泉滝308
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/kinugawa/

●星野リゾート 界 川治
“味噌牡丹鍋”


“味噌牡丹鍋”は通年で楽しめる。

 日光、鬼怒川よりさらに山深く、里山の自然に囲まれた川治温泉の「星野リゾート 界 川治」では、里山ならではの“味噌牡丹鍋”が味わえる。

 栗やきのこ、ブナやシイが多く生い茂る栃木県には、それらの実を食べるイノシシも多く、山間部で食べられてきた。イノシシとは思えないほど臭みのない肉を、数種類の味噌を合わせて仕上げた出汁でいただく、里山のめぐみたっぷりの鍋だ。

星野リゾート 界 川治
所在地 栃木県日光市川治温泉川治22
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/kawaji/

伊勢海老と金目鯛の
至福のマリアージュ

●星野リゾート 界 加賀
“タグ付き活ずわい蟹会席”


“タグ付きずわい蟹会席”は2018年3月10日(土)まで。※12月29日(金)〜1月6日(土)は除く。

 加賀の老舗旅館の伝統を受け継ぎ、加賀文化を今に伝える山代温泉の「星野リゾート 界 加賀」。ここで豪勢な“タグ付きずわい蟹会席”をいただこう。

 一人あたりに使用する1.5杯の蟹がすべて活蟹。なかでも、塩水に浸した縄をタグ付きの活蟹に巻き付けて蒸し上げる“蟹のしめ縄蒸し”は豪快な一品。『ミシュランガイド富山・石川(金沢) 2016 特別版』でも紹介されている。昆布だしにプリプリの身をくぐらせて食べる“蟹すき鍋”も絶品だ。〆には蟹雑炊も楽しめる。

星野リゾート 界 加賀
所在地 石川県加賀市山代温泉18-47
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/kaga/

●星野リゾート 界 箱根
“開運会席”


“開運会席”は2018年2月28日(水)まで。

 美しい風景画のような露天風呂が自慢の箱根湯本温泉「星野リゾート 界 箱根」。パワースポットとしても人気の箱根に、縁起のいい“開運会席”が登場。

 メインの祝い酒「開運」で仕込んだ“開運しゃぶしゃぶ鍋”で、運気アップを狙おう。ほかにも、七福神が見守る“七福神のお造り”や、「魔」の文字が書かれた素焼きの蓋を木槌で割って厄を払う“鮑の宝楽包み”など、楽しい仕掛けいっぱいの会席だ。

星野リゾート 界 箱根
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋230
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/hakone/

●星野リゾート 界 伊東
“金目鯛の具足鍋”


“金目鯛の具足鍋”は2018年2月28日(水)まで。

 源泉かけ流しの美肌の湯が楽しめる伊東温泉の「星野リゾート 界 伊東」。海の幸が豊富な伊東では、“金目鯛の具足鍋”が登場。

「具足」とは、甲冑や鎧のこと。具足鍋は、甲殻類の殻を甲冑や鎧に見立て、伊勢海老を丸ごと一匹使った豪華な鍋。だしのきいた鍋に、冬の旬野菜と金目鯛を入れていただく。伊豆の三大美味、伊勢海老と金目鯛が一緒に味わえるのもうれしい。

星野リゾート 界 伊東
所在地 静岡県伊東市岡広町2-21
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/ito/

●星野リゾート 界 遠州
“ふぐづくし会席”


“ふぐづくし会席”、“ふぐうな会席”は、2018年3月16日(金)まで。※12月25日(月)〜1月3日(水)は除く。

 浜名湖の絶景を臨む舘山寺温泉の「星野リゾート 界 遠州」。ここでは、ふぐの中でも最高級といわれる、とらふぐを存分に楽しむ“ふぐづくし会席”が。

 ひれ酒、お造り、唐揚げ、てっちりなど、たっぷりふぐ料理が味わえる。また、とらふぐと、浜名湖名物のうなぎを味わえる“ふぐうな会席”も。コラーゲンたっぷりで潤いアップ。

星野リゾート 界 遠州
所在地 静岡県浜松市西区舘山寺町399-1
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/enshu/

出雲の地で松葉がにづくしに舌鼓!

●星野リゾート 界 アルプス
“雪鍋会席”


“雪鍋会席”は2017年12月21日(金)から。

 アルプスの麓、長野県・大町温泉の「星野リゾート 界 アルプス」が2017年12月21日(金)にリニューアルオープン。信州の贅沢な田舎を体感できる温泉宿だ。

 その「界 アルプス」では、アルプスの雪どけをイメージした“雪鍋会席”が登場。雪に見立てたふわふわの綿あめを鍋にのせ、熱々の割り下をかけて食べるすき焼き。アルプスの絶景とともに楽しみたい。

星野リゾート 界 アルプス
所在地 長野県大町市平2884-26
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/alps/

●星野リゾート 界 松本
“赤ワインしゃぶしゃぶ会席”


“赤ワインしゃぶしゃぶ会席”は通年で楽しめる。

 8種13通りの湯浴みが楽しめる、長野県・浅間温泉の「星野リゾート 界 松本」。ここでは地元信州の「桔梗ヶ原ワイナリー」でつくられたワインを使った“赤ワインしゃぶしゃぶ会席”を。

 牛すじからとった旨みたっぷりのだしと赤ワインに、牛肉をくぐらせる贅沢な鍋。ソムリエの資格を持つ総料理長考案による、極上の一品だ。

星野リゾート 界 松本
所在地 長野県松本市浅間温泉1-31-1
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/matsumoto/

●星野リゾート 界 出雲
“活松葉がにづくし会席”


“活松葉がにづくし会席”は2018年3月10日(土)まで。※12月31日(日)〜1月4日(木)は除く。

 全客室に露天風呂を備えた、島根県・玉造温泉の「星野リゾート 界 出雲」では、冬の味覚の王様、松葉がにを用意。ブランドの証であるタグの付いた松葉がにを使った“活松葉がにづくし会席”が待っている。

 丸のまま蒸し上げる“活松葉がにの奉納蒸し”、そしてしっかりした食感を存分に味わえる“蟹すき”まで、すべての料理で山陰でとれたばかりの活松葉がにを使用した特別会席だ。

星野リゾート 界 出雲
所在地 島根県松江市玉湯町玉造1237
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/izumo/

●星野リゾート 界 阿蘇
“山のみぞれ鍋会席”


“山のみぞれ鍋会席”は2018年2月28日(水)まで。※12月29日(金)〜1月3日(水)は除く。

 阿蘇の森の中に12の離れが佇む大分県・瀬の本温泉の「星野リゾート 界 阿蘇」。ここでは「カチョカバロ」というひょうたん型のチーズを使ったユニークな鍋、“山のみぞれ鍋会席”をいただこう。

 カルデラの草原をイメージした土鍋に、大根おろしたっぷりのスープを入れ、カチョカヴァロを厚めに切って焼いてから鍋に加えると、まるでお餅のよう。和牛や旬の冬野菜と一緒に味わおう。

星野リゾート 界 阿蘇
所在地 大分県玖珠郡九重町湯坪瀬の本628-6
電話番号 0570-073-011(界予約センター)
http://kai-ryokan.jp/aso/

 その土地の恵みを生かした特色ある「星野リゾート 界」のご当地鍋。この冬、温泉と鍋を楽しむ旅に出ては。

文=榎本市子

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Bungeishunju ltd. All Rights Reserved.