サイト内
ウェブ

ごぼうの旨みが隠し味! じんわり美味なる旨煮汁レシピ

  • 2017年11月15日
  • CREA WEB

 穀物や野菜を中心とした食事法、マクロビオティック。この連載では旬の食材を使った簡単マクロビレシピを紹介します。オールベジとは思えないしっかりしたおいしさと食べごたえは、週末のブランチや友人の集まるパーティレシピにもぴったり。ストイックになりすぎない「ゆるマクロビ」をはじめましょう。

◆「きのこ」のマクロビレシピ

きのこと豆腐の旨煮汁


 今回は前回に続き秋の味覚の代表格「きのこ」を使い、お豆腐と合わせた汁物のレシピをご紹介します。

 じっくりと水につけて旨みを引き出した昆布と、きのこが合わさることで、滋味に溢れた奥深い味わいの出汁になります。隠し味は具材に使うごぼうの旨み。ごま油でさっと炒めることで香り高く仕上げます。

 また、マクロビ的に強い陽性(身体をあたためる)に分類され、葛粉でとろみをつけて仕上げれば、これからの寒い季節の養生食にもなります。

 湯豆腐とともに、冬の定番レシピのひとつにいかがですか?

旬の食材/「きのこ」の詳細

「きのこ」のマクロビレシピ

■材料(約4人分)
・お好みのきのこ(今回はえのきを使用):100g
・長ねぎ:50g
・ごぼう:30g 
・豆腐:1/3丁(100g)
・油揚げ:1/2枚
・昆布出汁:昆布 切手大3枚分+水600cc
・ごま油:小さじ1
・醤油:大さじ1
・味りん:小さじ1
・自然塩:小さじ1/4
・葛粉:大さじ1/2(同量の水で溶く)

■作り方
(1) 昆布を水につけて出汁をとっておく。
(2) きのこは食べやすい大きさにカットする。長ねぎは長さ5センチのぶつ切りにした後に千切りにする。ごぼうはささがきにする。油揚げは湯通ししたあと短冊切りに。豆腐は軽く水気を切ったあと大きめに手でちぎる。


具材の大きさを見た目で均等に揃える。

(3) 鍋にごま油を熱し、ごぼう、長ねぎ、きのこの順に炒め、全体を混ぜ合わせる。
(4) 昆布出汁100ccと分量の塩の半量を加えて蓋をして蒸し煮にする。


蒸し煮をして煮上がった状態。

(5) 具材に火が通ったら、残りの昆布出汁を入れて醤油と味りん、残りの自然塩、豆腐と油揚げを入れる。


豆腐と調味料を入れてから軽く煮込んで、豆腐に味を馴染ませる。

(6) 水溶き葛粉を加えてとろみをつけ、器に盛る。

※薬味に刻んだねぎや七味などをあしらうと一層温まります。

今回のマクロビレシピに
欠かせない食材はこれ!

ごま油

醤油

味りん

自然塩

葛粉


中村恭子 (なかむら きょうこ)
地産地消料理研究家/健康管理士
クシマクロビオティックス・コンシェルジュ/食育アドバイザー
2011年東京都より長野県茅野市に移住。同年、自身のプロデュースするオールベジの焼き菓子を提供するCafe 楢 Oak(カフェオーク)をオープン。また地産の伝統野菜を紹介するイベントの企画・運営や、それらを使ったオールベジ料理・菓子のメニュー開発等を行う。東京都目黒区のセレクトショップ「essentia(エッセンティア)」にて、焼き菓子を販売。
ブログ(毎週水曜日更新) http://www.cafe-oak.net
※カフェの営業はゴールデンウィーク・夏季シーズンのみ
Facebook https://www.facebook.com/kyoko.nakamura.18
essentia(エッセンティア) https://www.facebook.com/essentiag/?fref=ts

撮影/秋元良平 http://ryohei-akimoto.jp | Facebook

文=中村恭子,撮影=秋元良平

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) Bungeishunju ltd. All Rights Reserved.