サイト内
ウェブ

【益子焼編⑤】益子焼の器でスパイスの効いた本格アジアごはんを。里山の一軒家カフェ「作坊 吃」

  • 2022年5月11日
  • ことりっぷ


栃木県益子町の自然豊かな山の中にある、隠れ家的なアジア料理店「作坊 吃(ゾーファンチィ)」。どっしりとした益子焼のうつわで、スパイスの効いたおいしいアジアごはんが味わえます。木をふんだんに使った店内は居心地がよく、時間が経つのも忘れそう。外国へ訪れた気分でゆったりと過ごせますよ。
緑濃い山の中にひっそりとたたずむ、あたたかみのある木の一軒家。ここが、地元の人から「チィカフェ」と親しまれるアジア料理店「作坊 吃」です。もともとは益子の別エリアで営業していましたが、2015年にこの地に移転して再オープン。わざわざここを目指して遠方からも人が訪れる人気店です。
益子焼の工房として建てられ、その後アーティストがアトリエに改装したという建物は、小さいながらも遊び心がいっぱい。木がふんだんに使われており、どこか懐かしい雰囲気が漂います。テーブルやイスなどのインテリアは統一されておらず、席によってバラバラなのも魅力。空いている席を自由に選べるので、お気に入りの場所を探しましょう。
店内は、食欲を刺激するいい香りがふわり。地元の旬野菜やハーブを使い、スパイスを効かせたアジアごはんがいただけます。まずは、屋台風にデザインされた店内中央のカウンターで注文。グリーンカレーやフォー・ガーなど、国にとらわれないメニューが並びます。
料理には、「旅行したときに嗅いだにおいや出会った味、その空気も一緒に盛り付けたい」という店主の思いが込められています。「食べたあと、元気になってもらえたらうれしいですね」。
おすすめは、ごはんを真ん中にアジアの惣菜が彩りよく盛られたチィプレート。鶏肉のバナナの葉包み、乾豆腐のゴマ和え、カチュンバル(新玉ねぎとトマトのサラダ)、夏野菜のパコラ(インド風の天ぷら)、ラープガイサラダなど、スパイスの効いた野菜たっぷりのおかずを一度に楽しめます。
大きなプレートは、益子焼の作家・川尻琢也さんの作品。このチィプレートのためにつくられたものだそうで、どっしりとした風合いは益子焼ならでは。包容力があり、どんな料理も引き立ててくれます。
食後のデザートも見逃せません。ココナッツミルクのほのかな甘味がクセになるチェーは、ベトナムで愛されるぜんざい風のスイーツ。ごろごろ入った具材の食感も気持ちよく、おなかいっぱい食べた後でもぺろりといただけます。ほかにも、レモン味の台湾スイーツ・オーギョーチィや中華蒸しケーキ・マーラーカオなど、人気のアジアンスイーツがそろいます。
いくつかのメニューはテイクアウト可能なので、天気が良ければ外で食べるのもおすすめ。クッキーなどの焼き菓子をはじめ、オリジナルのレトルトカレーやアジアの食材も販売されています。
山の自然に包まれながら、おいしいアジアごはんで元気をチャージ。新緑の気持ちいい季節、ぜひお出かけしてみてくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2022 Shobunsha Publications All Rights Reserved.