サイト内
ウェブ

うつわと料理を楽しむカフェ&ギャラリー。北鎌倉「grand K」

  • 2022年1月28日
  • ことりっぷ


木々に囲まれた北鎌倉らしい風情ただようエリアにたたずむ「grand K(グランケー)」。緑をたたえるお庭を見ながらゆったりと過ごせるカフェは、日本各地の作家さんと交流のあるオーナーが集めた器の展示もあるおしゃれな雰囲気です。明月院や円覚寺の散策途中に立ち寄るのにおすすめですよ。
北鎌倉の住宅街にひっそりとたたずむ「grand K」。お店へと続く道は人が一人通れる程度の細い道で、生垣に囲まれた住宅街を奥へと進んだ先の一軒家です。松ぼっくりの形をした取っ手を押して中に入るとウッドデッキのテラスが広がり、お天気のいい昼下がりにはこのエリアの地域ネコ・デンちゃんがまったりとくつろぎます。
気取りのないシンプルなテーブルとイスは居心地がよく、窓からは庭の様子もよく見えます。庭にはもともと自生していた梅の古木や椿、柿、キンモクセイなどにまじって北欧で見かけるような針葉樹の木々も枝を伸ばし一年を通して緑が豊か。この庭のハーブは料理にも使うのだそう。
天井の高い店内はギャラリーも兼ねていて、これまでオーナーが趣味で集めてきたという器のコレクションが日当たりのいい窓辺やアンティークのガラスケースに並びます。窓辺のガラスの器の絵柄はくっきりとした影になって、おひさまの動きにあわせて刻々と表情も変わっていきます。
品のいい器は手づくりのお菓子やお茶をいただく時にも楽しめます。ガラスの急須で淹れる「東方美人茶」には蛍手という技法の台湾の湯呑みが用意され、別々に揃えたという茶托もステキですよ。お茶のすっきりとした味わいはスイーツとの相性も良く、おすすめはフランス・ブルターニュ―地方のお菓子「ファーブルトン」。カヌレのようなモチモチとした生地にプルーンで甘みを加え、庭で摘みたてのローズマリーがさわやかな香りを演出します。
定番のスイーツにはほろ苦いカラメルソースでいただく「プリン」などもあり、時期によっては季節のフルーツを使った華やかなケーキやパフェが登場します。イレギュラーなのでメニューの黒板に書かれていたらチャンス、ぜひ味わって。
ランチで訪れるなら酵素玄米のご飯といただく「ハンバーグ」やエビの甘みが凝縮した「エビカレー」(1430円)などが人気で、あらかじめ相談しておくとコースにも応じてくれます。こぢんまりとしたお店なのでなるべく席の予約をしてお出かけくださいね。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 1996- 2022 Shobunsha Publications All Rights Reserved.